食べ物による曝露

無添加と貼紙があった…手作りパン

それを信じきっていた訳では無いのですが、まあ〜何とか食べられるだろうと、食べた経験の無いパンにチャレンジしました。

食べながら〜なんか臭いが気になり…そうね、私が昔自分でパンを焼いた時の臭いかな!?

食べ終わってから、お腹が落ち着かなくなりトイレに向かうと、ゆるい便が(下痢まではいかない)。
その頃になって、口と喉に腫れぼったいような違和感が…もっと早く症状があれば、食べるの止めたのにな!

軟便は一度だけだったし、他の症状もたいしたことないと思ってたら…下痢をしている時の、だるいようなお腹に力が入らない状態が続いています。

良い経験ができました!
よく考えたら、この感じは以前自宅で暮らしていた時、ずっと続いていた症状です。
便も軟便が続いていました。
CSの仕方ない体調不良で、曝露を避けても体質だと思っていました。

でも、今回の症状を体験して、曝露もあるんだ!と、実感です。


これまで、食べ物による曝露は、下痢が治ったり、口の苦みが無くなれば、CS症状は終わりだと思っていました。
「微妙なだるさ」は、「よくあること」「いつものこと」で、曝露と結び付けていませんでした。

転地療養を続け、曝露を減らし、マスキングを外し、単品での曝露を経験してわかりました。

自宅で暮らしていた頃は、体調悪化は空気が主で、臭うものを中心に原因を探していました。
曝露は複雑で、複数の物が時間差で攻めてくるので、原因を見つけられませんでした。
しかし、まあ〜この微妙な体調不良は、環境の悪い所では見つけ難いです。


CSの皆さ〜ん、体調不良の原因は、ひょっとしたらご自分で買って食べてる物かもしれませんよ!
再チェックして下さい!
食べられると信じている物が原因かもしれませんよ!


あ〜あ。たいしたことないんですけど、しばらく無かった症状は、うっとうしいです。
私も、他の物との複合汚染をチェックしましょう。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2010-05-30 04:26  

<< 野菜作り…不耕起栽培勉強中 西の田んぼ・南の田んぼ >>