家族の思いやりが裏目に(シャンプー)

昨夜、遅くまで仕事だった娘は、お風呂タイムも遅くて
というより、私が毎日10時頃にお風呂に入るのを知っていて、
10時直前にお風呂に入ってくれました。

お湯もたっぷり増やし、温度も上げてくれました。
(我が家は、追い炊きが出来ないので、熱いお湯を足す事に)
なんて優しい娘でしょう!

しかし、シャンプー臭の娘とすれ違い・・・
ちょっと~と思いつつ、お風呂に入ってビックリ!
中はシャンプーの臭いで大変。
ちょっと寒いけど、窓を開けて~
服も脱いでしまったので、お湯をしっかりかけて
湯船に入ったら、お湯の温度は丁度良かったけれど
お湯が多くて、浸かっていると苦しいし、空気も悪い・・・

もう、そのまま身体のマッサージも、洗う事も、暖める事も
全部中止して~カラスの行水!?

言葉に気を付けながら、娘に説明して納得してもらいました。
娘の優しさに感謝しながら・・・

家族は夕飯前に入浴。
私は時間をおいて~10時にぬるくて、お湯の減ったお風呂が
塩素臭も抜け、シャンプー臭も減って丁度良いと実感しました。

それにしても、家族みんながシャンプーをする日は辛いです。
ずっと同じ物を使っているのに、(前は大丈夫だった)
私のセンサーがバージョンアップしてしまった様。
私がやってる固形せっけんは嫌みたいなので、
石けんシャンプーとか竹酢シャンプーとか買って
もう一度、家族を説得してみよう。
誰か1人でも変更してくれたら助かるな~
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2005-11-14 23:15 | CS事件簿  

<< たった1人の為に(香水?) 朝の儀式 >>