カテゴリ:CS事件簿( 171 )

 

散歩道の落とし穴

(9/14 追記)

何かと忙しい日々。

高知まで出かけた帰りに・・・
気分転換と体力向上の為、せめて散歩をしようと、以前よく歩いた散歩コース牧野公園に!

秋の草花は、紫系が多いなぁ~なんて、重い足どりでも小山を登って・・・やれば出来る!と自分を誉めながら下ってきました。
d0001177_17141895.jpg

急に冷や汗がタラリ。
お腹も胸も苦しくて・・・途中で、くわえタバコのおじさんとすれ違ったけど、それだけで体調が急変するとは思えません。

散歩コースの途中に、農薬が撒かれてたのかなぁ?

さっぱり?

残り5分ほどを、こけこけ降りて車に乗り込み、気分も悪いけれど、その場を離れたくて・・・一応、スピード控えめで家にたどり着きました。

空気清浄機部屋でダウン。
お腹は、ガチガチに緊張して固まってます。
自律神経失調で、手は震えています。

それなのに、モーター音が始まったので、外の様子を確認しようと、起き上がったら目眩。
(農薬散布でも、稲刈りでもなく、小さなショベルカーが工事中の様)

散歩コース
臭いもなにも無かったのに、何故でしょう?
同じ道を往復したと思ったら、タバコを避けたくて、ちょこっと迂回しました。

登り始めに曝露してたら、てっぺんまで登れる訳がありません。
復路の最後の方で迂回した直後、具合が悪くなったのです。

あ~あ。
見たところ何も無く、臭いも無く・・・でも具合が悪くなる何かがあったと思われます。
とんだ落とし穴。
避けようがありません。
酸素、吸おう!


それとも・・・単なる、私の体力不足か!?
いっきに電池切れちゃうもんね。

< 9/14 追記 >
原因を突き止める事など無理ですが、今後の注意点の1つになるかもしれないので、あくまでも私の考察として書き留めておきます。

写真を撮りながらの散歩。
最後の花の写真は、いつもの道から迂回したトイレの前でした。

デング熱騒ぎで・・・蚊を退治する為の消毒のテレビ報道を見ながら、ひょっとしたら殺虫剤を撒かれていたのかも!と、思った次第です。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2014-09-13 16:33 | CS事件簿  

うっかり清涼飲料水を!

滅多にないことですが、いつでも何処でも持ち歩いている水筒を忘れました。

昨日の作業場・・・
水筒を取りに帰ろうか!とも思ったけど、早く作業にかからなくては!と・・・
一度沸かした湯冷ましなら飲めるので、自分用にお湯を沸かして、コップに入れてチビチビ飲みながら作業をしていました。

途中で込み入った電話があったり、作業にも集中出来ていなかったみたい。

ふと口にした透明の飲み物は!?
冷たい!甘い!→慌てて吐き出しました。

友達も、清涼飲料水を入れて、私と同じ柄のコップで 飲んでいたのです。

湯冷ましで口をすすいでも、口の中はチクチク痺れた感じ、少しの苦味と異様な甘さが残ります。
しばらく違和感が続いたけれど、それ以上の症状は無く助かりました。
飲み込まなくて良かったです。

私の友達も、多くの人達も・・・毎日のようにガブガブ飲んでいるのですよね。

化学物質過敏症(CS)の私には、清涼とはほど遠く、飲み物とは思えませんでした。

気を付けなくては!
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2014-09-06 07:26 | CS事件簿  

ショールームでの事件

いや~大変な目に・・・・
そりゃ、化学物質過敏症(CS)ですから、ショールームなんて所は危険です!
しかし、合成洗剤、マジックインキ、金属音の洗礼を受けるなんて、思ってもみませんでした。

家のリフォームをする為に、夫が確認に行く予定でしたが、私も現物に触れてから決めたいと思い、一緒に出かけました。

活性炭マスクをして、後から入ってみると、係の方の説明が始まっていました。

大きさとか夫がいろいろ質問をしていたら、係の方が・・・合成界面活性剤入りのお風呂用洗剤を手にされたので、夫は「これは、身体に触るので使わないでください!」というような事を伝えました。
それでも、無視して洗剤を手にしたので、私は「止めてください!」と懇願しました。
それでも、シューシューと泡を出したのです。
もう、どうしようも無く、私は外に飛び出しました。

私は、素材のチェックを済ませていなかったので、防毒マスクに変えて、CS支援センターのリーフレットを持って・・・別の方に、後でこのリーフレットを読んで欲しいと伝えて渡しました。

私は、離れて浴槽に触れて、順にチェックしていたら。
口では「申し訳ありません」と言いながら、今度は油性のマジックインキを出してきてきたので「開けないで!止めてください!」と伝えましたが、またまた無視して壁面に塗り始め・・・「止めて!」と言っても、更に塗りました。
もう、CSに対する嫌がらせ、拷問です。

油性マジック(皮脂汚れ)が、洗剤無しで落とせるデモンストレーションでした。
「洗剤が使えない方には、便利です!」とまで言いました。
CSを知らないとは言え、客に対するあまりにも傲慢な係の方には、呆れてしまいました。

もう、これで終わりかと思ったら、更にもう1度マジックインキのデモンストレーションがあり、更にホウロウの板を木槌で強打もやりました。
大きな音は、身体に堪えます。

マニュアルの通りやられたのでしょう!
4度も!夫と私が、止めて!と繰り返し懇願するのを無視して強行したのです。

防毒マスクをしても、安全ではありません。
無防備な眼は、曝露して痛み始めて、そそくさとショールームから出ました。
そのまま帰るのも・・・
香料だらけの近付きたくない係の方と、お話するのも危険ですが、私の名刺(簡単なCS説明入り)をお渡しして帰路につきました。

夫とは別の車だったし・・・自力運転して、少し離れた所で酸素吸入。
頭はガンガン、眼はチカチカ、大変な疲労感。
洗剤とマジックインキだけでなく、ショールーム内の空気による曝露症状でしょう。
逃げ回ったので、この程度で済みました。

確かに曝露は覚悟の上で出かけましたが、目の前で合成洗剤を使われ、マジックを使われ、衝撃音。
「止めて!」という日本語が4度も通じなかったのがショックでした。

私が、もっと敏感だった頃なら、咳が止まらず呼吸困難になってうずくまっていたでしょう。
私、お客さんなんですけど。

CS発症して10年。
自分の家に住めなくなって7年。
やっと、リフォームして住める家にしようと、恐怖を封じ込めてトライし始めたというのに・・・気が遠くなってしまいました。

全国のショールームでも、同じなんでしょうか?
もっと、CSを知ってもらいたいです!

◇◇◇◇◇
ショールームの会社に、今後は化学物質過敏症患者にも配慮をお願いしたいとメールしました。
係の方も、この記事を見てくださり、この不思議な化学物質過敏症について知っていただけたら嬉しいです。
お会いして直接伝える事が、とても難しく残念です。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2014-06-25 20:43 | CS事件簿  

お寺でお香曝露

母に付き合ってお寺参りをした。
五十年に一度という文殊菩薩様の御開帳とあって、雨の平日というのに、団体客などで人も多かった。

浄めのお香を付けてからお詣りするように!と、本堂の手前で微粉末のお香を手の平に乗せられました。
私は、こっそり払い落としましたけど・・・

一緒に出かけた娘も化学物質過敏症(CS)。
本堂を出る所にあった水道で、手を洗う私と娘を、鼻が悪くて臭いも全く感知できない母は不思議そうに眺めてました。

症状は、じんわり、じわじわやってきて、軽い頭痛、ふらつき、だるさなど・・・


私は、車に戻るなりマスクを外し、着ていたパーカーを脱いでポリ袋に封印。
娘は、服を1枚、また1枚と脱いで、Tシャツになってしまいました。

帽子を被ってたら良かった!髪の毛にも臭いが付いてしまった!と思ったけど・・・参拝者は帽子を脱ぐように指示されていましたね。

なかなかしつこい臭い!!!
母を家に送り、娘と家(家族の)に戻った時、石けんで手をしっかり洗い、EM消臭スプレーを自分の身体と車内に吹き付けました。

軽い頭痛程度で、運転できそうな感じ。
娘のミニ空気清浄機(源気)を借りて、車で稼働させながら帰路に!
いつもは一気に走って帰るのに・・・途中、猛烈な眠気。
コンビニのパーキングで一眠り。
こんなの久しぶり!

転地先の家に帰り着くなり入浴。
湯船に浸かってたら、自分の吐く息がお香の臭い。
全身洗って、ウガイもして・・・番茶で鼻の中も洗ってやれやれ。

娘からのメールを見たら・・・いくら洗っても手の臭いが取れなくて、手袋をしたとか。
娘よ!お前もか!

何のこれしき!と言いたいけど、肺が痛いしなぁ~
お寺のお香で、今までこんな症状は無かったのに!(実家は檀家)
濃厚汚染には気を付けなくては!
1つ1つが別にです。


しかし、昨年の今頃は、石段を登る体力もありませんでした。
動けるようになったから、曝露もあると言う事でしょうか。
母は喜んでくれたので、善しとしましょう!
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2014-05-20 19:48 | CS事件簿  

種苗店の危険

いやはや驚きました。
一昨日の夜の講演会と昨日の眼科受診、それぞれ高知市までの片道1時間の運転付きで、疲れていて危険な事は承知の上で種苗店に入りました。

里芋の種芋が欲しかったのです。
何度も入店の経験があり、置いてある場所に直行。
種類が豊富で必要なだけ、量り売りしてくれるので小規模畑の私は助かります。

もちろん、活性炭マスクで入るのですが、入って数秒でいつもより遥かに異常な空気を感じ、足を早めて目的の「赤芽芋」を・・・急いで袋に入れ、すぐ近くにあったパプリカの苗を持ってレジへ!

たった1人のレジを待つ間も苦しくて、外に飛び出したい気分。
それは首を両手で絞められているような感じ。
血の気が引いて心臓はバクバク、足腰の力が抜けて崩れそう!
イライラしながらレジを済ませて外に!

自分の車に戻ってマスクを外すなり、しばらく咳き込んで・・・店内では、息を最低限に押し込めていたと思います。

化学物質過敏症(CS)となって、悪い空気を察知するとごくごく浅い呼吸に切り替える術が身に付いたようです。
止めてしまうと、反動で悪い空気を大きく吸い込む事になるので、ごくごく浅く吸い浅く吐く事で、安全な場所に移動する時間を稼ぐ事ができるのです。
でも、緊張を解いた後は、発作のような咳が出ます。

そりゃ種苗店には農薬も置いてあるし、農薬で育てた話や苗が並んで危険な所です。
でも、こんなに酷い空気は初めてです。
確かに苗がたくさん入荷してました。
開店直後の朝はより危険と思い、夕方の入店でした。

私の感覚としては、有機リン系農薬に遭った時のような感じがしました。
苗のどれかに使われていたのでしょうか!?

あの空気環境でも、私意外の人は、何も無いかのように過ごしていて・・・私には異様に見えました。
店員さんの身体は大丈夫かな?

10分も居なかった私は、酸素吸入して、しばらく休憩してから帰路につきました。
疲れでより敏感になっているのかもしれません。
今週は、まだやりたい事がたくさんあります。
気をつけなくては!
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2014-04-16 05:03 | CS事件簿  

強烈パンチ!で・・・退散

花見シーズンに向け、徐々に製造量も増やしている友達の作業場。
昨日、ちょっと頑張ったので今日は余裕のハズだった。

作業場の機械を使いに、人が来るとは聞いていたけれど、こんな事になるなんて!
訪問者3人のうちの1人が強烈な香料臭!
あっと気付くなり、活性炭マスクを着用。

なるべく離れた所に移動して、ゴソゴソと出来る作業をやっていたけれど、だんだん苦しくなってきたので、作業場から出て駐車場の車で待機。
運転席で座っているのも怠くて、シートを倒してうとうと。

たぶん、柔軟剤だと思います。
私が食べられそうな、こだわりのパン屋さんなのに!
こんな強烈な香料臭の人が作っているなら買いたくない!

本人に直接伝えたいけれど、頭がグルグル回り出した今は難しい。

作業場から出るのを見届けてから、中に入って窓を開け、戸を開けて換気です。
なんか、数も数えられなくて、もう仕事にならない感じです。

1人残っていた方に、かいつまんで「食べ物を作る人が、それも志高くせっかく添加物を極力減らして作っているのに、香料臭を添加していては台無しと思いませんか!?」と伝えてもらえないか!と頼んでみる。

さっさと外に出て、症状も軽く済んだと思っていたけれど、あれから数時間経過した今も、軽いめまいや頭痛、目に違和感が残り腫れぼったく、手は冷たく冷えきったまま温もらない。

ほんの数分、離れた場所で漂ってきた空気を吸っただけなのに!

あの人の家は、どんな臭いだろう?子どもは居るのかな?毎日臭いを嗅がされているご近所は大変だろう!・・・

イエローカードの体調と付き合いながら、いろんな事が頭の中を巡ります。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2014-03-20 14:54 | CS事件簿  

ぎっくり背中

突然の背中痛。
しばらく横たわり、痛みも減ったと思いきや!
起き上がるにも痛くて難儀な身体。
ずっと動かずに過ごす訳にもいかず。
肘から先が動かせるようになったので、自力運転で鍼の治療に行きました。(明日は休みだし・・・)
ほとんど曲がらずに走れる道で助かります。

私の身体は渇水時期のダム状態。
蓄えも無く、ダムの放流量も控えてギリギリの状態なのに、いつものように活動したら身体に支障が出て当たり前。
ぎっくり腰ではなく、ぎっくり背中と言われました。
骨の異常とかでなく、こむら返りのような筋がつった状態だそうです。

講演会でのストレス、農薬散布のストレス、心のストレス・・・思い当たる事だらけ。
更にペースダウンして、安静ではなく、60~70%の活動量に!と言われても・・・。
1~2時間動いては3~4時間横たわり、1日の半分以上布団で過ごしているのに、これ以上ダウンさせて生活が成り立たないように思いますが、やってみましょう!
痛い間は動けないし!

痛み始めた時の事しか考えられず、曝露しか頭になかった農薬恐怖症の私。
鍼治療を受けて良かったです。

写真は、ゴーヤーネットで頑張るミニ蛙のアップ
d0001177_16175041.jpg


[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-06-26 15:45 | CS事件簿  

突然の曝露症状!?背中の痛み

いつもの早朝治療に出かけた帰り道。
背中の右上にうっすらと痛み始める。
刻々と痛みは強くなり胸も苦しくなる。
右腕を動かすと背中と肩の痛みが増すので、ほとんど左手で運転。
家の狭い駐車スペースで、ハンドルのきっり返しがとても辛い。
動くと痛むので、車から降りたくない感じ。
痛みを我慢して家の中へ・・・

私の身体が何に反応しているのか?
室温22度、湿度80%。
湿度が高過ぎるので、除湿機をonにして、シックシェルター(家庭用クリーンルーム)テントに避難。

イテテ!となりつつ、痛みのない体勢をみつけ、携帯酸素をしばらく吸ってみる。
酸素はすーっと肺に入ってくれるけど、急激な回復や快感は感じない。
いつもは酸素で頭がスッキリするのに、眠気を感じるのは何故だろう?

この症状を記録しようと携帯入力を!
先にゴム(?)がついたタッチペンでは、右手の筆圧が足りなくて入力できない。
この携帯専用の先がプラスチックのペンなら休みながら入力可能。

シェルターに入って30分余り。
少し痛みも和らぎ、動かないと肩凝り程度の不快感。
それにしても、右肩甲骨と背骨の中間あたりに何かが刺さってしまったような痛みは何だろう?

症状を感じ始めたのは、ショウガ畑の真横ではあるけれど、 行きがけは何とも無く、帰りに症状が出たのが謎。
雨模様の田んぼの中を走る道。
行きも帰りも気象は変わらず、大雨の中で新たな農薬散布も考え難い。

寝て過ごすのは良いけど、トイレに行くのに障子を開けるのが辛い。
一眠りしたらマシになるかな?
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-06-26 10:55 | CS事件簿  

発症記念日

今日は、私の化学物質過敏症の発症記念日です。
当時の事を書いてみます。

<2005年1月15日>
すぐお隣(1m足らず)のお店の改装工事も最終段階。
塗装をしているのか、シンナー臭が漂っていました。
いつもの土曜日勤務(家業の文具店)10時に店を開けて、のんびり店番をしていました。
「臭いなぁ〜」と思いつつ、12時半〜1時頃まで働き、出勤してきた夫と交代して自宅に帰りました。
2時間ちょっとの、ほんの些細な出来事でした。

<1月16日>
翌日の朝、世の中は変わってしまいました。
頭痛、吐き気、激しいめまいで、起きてはきたものの、座面に胸を当てて、椅子にしがみついたまま動けません。
「母さん、何してるの?」と娘に問われても、「目が回る、吐きそう・・」と伝えるのが精一杯。
昼頃には、口が回らなくなり、不安になりましたが日曜なので、家でじっと耐えて過ごしました。

<1月17日>
頭痛、めまい、吐き気に加え、顔や舌もしびれて、胸が苦しく、主治医(高血圧症・循環器)は不在でも、通い慣れた内科を受診しました。
私は、シンナー臭の事など頭に無くて、高血圧症で脳梗塞か何か、脳に異常が現れたとしか考えていませんでした。
シンナー臭の件を伝えていない内科では、原因不明だが、脳の異常ではないからと・・・吐き気止めと頭痛薬の処方でした。

これまで、いろいろ病気もしてきましたが、こんな症状は初めてでした。

今日、改めて当時のスケジュール帳を見ると、発症記念日の前の数ヶ月は、風邪を何度も繰り返しています。「冷え」「腹痛」などのメモも書かれています。
今では化学物質過敏症(CS)の症状とも考えられますが、当時の循環器の主治医は風邪との診断でした。

シンナー臭は、発症のきっかけに違いありませんが、私の場合は大きな原因とは考えていません。
CSの下地が整っている、もうすでに症状が現れているところに、シンナー曝露で激しい症状が現れて、気付かせてくれたのです。

激しい症状にもかかわらず、頭痛薬と吐き気止めだけと言うのは、納得できずひたすらインターネットで検索を続けますが、思うようなサイトが見つかりません。

<化学物質過敏症と気付く>
症状が落ち着いた1週間後に新築の施設に出かけたら、シンナー臭の時と同じような症状が復活し、慌ててその場を離れました。
この事件(?)をきっかけに、シックハウス症候群についてネット検索を始めました。
どうも違う・・・と思いつつ、化学物質過敏症が何もかもピッタリ当てはまりました。

<3月に診断を受ける>
通えそうな病院にアレルギー科がある病院に電話しても、病院は化学物質過敏症の名前すら知らなくて・・・国立高知病院の化学物質過敏症外来を予約し、症状を伝えるなに「間違いなく化学物質過敏症」と診断されました。

タバコの煙に今より超敏感だった、香水が嫌いだった・・・
化学物質過敏症を知らなかったけれど、知って良かったです。
比較的早く気付いて、ネット上の先輩CSさんのアドバイスにより、どれだけ助かったことか!

早期発見、早期治療ができていると確信し、懸命にできる限りの事をやってきました。
今日、8年の月日を思い返すと、やってきた事に悔いは無いけれど、決して早期発見では無かったと思います。
私は、13才からCSだったのです。
今ほど多くの物に反応はしていなかったのですが、そんな昔は病名も診断も出来なかったでしょうが、下地は整っていました。
発症から8年ではなく、少なくとも45年ですから、一気に回復できないのも納得です。

私を重症の患者だと思われる方も多いですが、私は頭痛が起こったり様々なアクシデントで症状は現れますが、ほとんどが許容範囲です。
最初の数年の24時間続いた苦しみを思うと、今は症状が無いと言えるほど、私的にはかなり軽症となっています。
逃げる術を知り、自分に合った対処方法を身につけ、世話のやける身体と付き合いながら、書ききれないほど、とにかく楽しい毎日です。
これも、たくさんの皆様の応援のおかげと感謝しています。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-01-15 07:32 | CS事件簿  

南隣接田んぼ・除草剤散布

d0001177_18471292.jpg

お昼時、町並みに飾られたお友達の手作り雛人形を見に出かけ、帰宅後は畑の周りの猫避けネットのバージョンアップ作業をしていました。

庭先をうろうろしていたら、南側の田んぼにタンクを背負った人がいました。
モーター音も無く、家の中に居たら気がつかなかったでしょう。

田んぼ全体ではなく、畦に沿ってジョロでかける要領で液体を撒いています。
臭いは全く無いタイプです。

作業中に声をかけても挨拶もしてくれない方です。
家主さんのご親戚で、家主さんから、農薬や除草剤散布の時は連絡いただける事になっているハズですが、一度も連絡はありません。

自己防衛しかありません。

家に入り空気清浄機をつけて閉じこもる事にしました。

猫避けネットも、種撒きも延期です。
田んぼ全体に薬剤を入れた時よりは、マシかな・・・と思いつつ、用心しようと思います。


ここ2〜3日、うまく眠れなくなっています。
昨日も18時頃から眠くて仕方なく、寝ても2時間で目覚めます。
起きていようにも、また睡魔。
起きているのか?寝ているのか?長い時間を布団で過ごしても、ひたすら眠い。
たぶん、きちんと眠れていないのでしょうね。
またまた睡眠障害・・・かな!?
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2012-03-03 18:47 | CS事件簿