カテゴリ:暴露対策( 8 )

 

コンサートにGO!準備完了

楽器と細々した物達が、助手席に納まりました。
d0001177_10145869.jpg

後ろに空気清浄機(エアイーサー)も乗せました。
d0001177_10185964.jpg

たぶん、残りのスペースに友達2人と2人分の楽器等、狭苦しくなるけど乗れると思います。
いつもは1人で出かけますけど、石けん生活の友達は一緒に乗っても大丈夫です。
(他のマンドリン仲間はNGです)

大きめのウエストポーチには、携帯酸素などの緊急グッズを入れました。
防毒マスクが大きいタイプになったので、この量がギリギリです。

楽器や楽譜も抱えて移動するのでウエストポーチ。
リュックサックなら体温調節の衣類も入るんだけど、リハーサル中に置けるスペースがあるか?なので、これにしました。
d0001177_1024325.jpg

まあ、何とかなるでしょう♪

お友達とマクロビのお食事をして、ホールに入ります!
懐かしい友達にも会える!
一緒に弾ける!
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2014-05-08 10:12 | 暴露対策  

コンサート参加・・・準備で不安解消

化学物質過敏症(CS)の体調は、特に回りの環境に大きく左右されてしまいます。
空気や臭いは目に見えないし・・・
不意討ちをくらう事も多くて、うろたえます。

その為に、日々いろんな対策をして、準備をして、予防しようと・・・どうしたら不意討ちを防げるか!試行錯誤を続けています。

不安を持ち続ける事は、心のストレスを増殖させているように私は思い、可能な限り準備する事で不安を減らしています。


今日は、コンサートにちょこっと出演します。
ちょこっとでも、リハーサルから終了まで、長時間大勢の方達とホールの建物内で過ごします。

様々な事を頭の中でシュミレーションして準備です。

今回のホールは、何度も経験していますが、空気環境は毎回入ってみないと分かりません。
空気清浄機、防毒マスク、数種類の活性炭マスク、携帯酸素を持ち込みます。

舞台でマスク無しでいけると思います。
天井が高く、舞台袖の機械類のオイルの臭いを気を付けたら、客席に座るよりずっと空気環境はマシです。

飲み物は、ポットに暖かい番茶をたっぷり!
食べ慣れた食糧も用意。(出されるお弁当は、食べません。)

外に出る避難経路も、経験ホールなのでシュミレーションできます。
出口が喫煙コーナーとなっているので注意!(他への移動は無理な場所)
誰が喫煙者も分かっているので、近寄らないように!

いつもは1階だったのに、控え室が地下のリハーサル室になっているのが・・・
外気を入れる窓が無いけど、広かったら楽かもしれない。
これも入ってみるしかない。

実家に近くて周辺の土地勘もある!

楽器も楽譜も舞台用の衣装も忘れないように!
今回、友達2人も乗せていくので、空気清浄機と楽器3台・・・どうか乗せられますように!

友達の協力ももらいながら、楽しく演奏してきます♪
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2014-05-08 05:55 | 暴露対策  

マスクにマスク

d0001177_12362426.jpg

1月中頃と1月末に感知した、中国から飛来しているというPM2.5は、やたら咽と肺がチクチク、ヒリヒリしたのに・・・
最近PM2.5の濃度が高い日は、ヒリヒリ感が少なく感知が難しくなっています。

確かに広範囲の外気が悪く(車で多少移動しても変化が無い)、この時期スポット的に使用されるであろう農薬散布が原因とは考え難い、一般的な花粉症の症状とも違う事、環境省の「そらまめ君」データとピッタリとは言えませんが、症状が出た日時が合うので、私はPM2.5やSPMのデータや予測サイトを注視しています。

活性炭マスクでは、PM2.5を防げないようなので、体感的に野焼きの時に使用し、私は効果を感じているウイルス対応マスクを、今回も使用しています。

私が使ってきた「インフルライフセーバー」は、元々はインフルエンザやその他の病気の感染予防の為でしたが、まとめ買いしてあったので即役立っています。
改めて説明を読むと、0.1ミクロンの粒子を99%以上カットと書いてありました。
マスクと顔の隙間からも空気は侵入するので、書かれている程はカットできないかもしれませんが、活性炭マスクにもう1つフィルターを重ねる感じで使用しています。

何枚もマスクを重ねると、更に呼吸が浅くなり酸欠となるので、長時間の使用は避けています。
防毒マスクは、顔にフィットしますし、私の使用している物は、防塵機能付きなので、良さそうです。

先日、30分ほど・・・どうしても畑作業をしたくて、防毒マスクの上にインフルライフセーバーのマスクを輪ゴムで取り付けてみました。
息は、厚手の活性炭マスクCS-5を密着させた位の感じで、ちょっと抵抗を感じましたが、吸う空気は良い感じでした。
ひょっと、防毒マスクには必要無いかもしれませんが、私の体感です。

母の病院に出かける時も、ウイルス予防にダブルマスクです。
おすすめは、薄手キーメイトマスク&インフルライフセーバーのマスクです。

インフルライフセーバーのマスク1枚で良い場合もあると思いますが、私は直接肌に触れると唇が痛くなります。
微妙に薬品臭もあり、それを防ぐ為に、活性炭マスクを内側にしています。
(あてガーゼでは、薬品臭は防げませんでした)

書いてきた事は、私の体感で私の身体の反応です。
化学物質過敏症の方は、個人差があり危険もありますので、ご自分の身体に適した使い方を見つけてください。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-02-27 11:50 | 暴露対策  

中国からの汚染に備える・大気エアロゾル(微粒子)予測

先週の外気による体調悪化は、CS仲間やその他の友達からの情報や、私自身の体調観察により、中国の大気汚染物質が飛来してきた影響ではないかと、今の時点では考えています。

これませ、中国等からの汚染物質は、黄砂と共に飛んで来るものと思い、空に霞がかかる日などには注意してきました。
でも、今回の体調悪化時は、18日は霞も無い晴天でしたので、原因を探りかねていました。

そうですよね。砂漠の黄砂が飛んで来るのですから、私が苦手とする化学物質は、黄砂が無くても気象状況(風)によってはやって来て当然でしょうね。

さて、どうやって体調悪化を防ぐか!?
一生をクリーンルームで過ごす!なんていうのは嫌だし・・・
今回のような症状を実感したら、マスクや空気清浄機を使って吸い込まないように、眼などの粘膜に刺激が加わらないように気を付けるべきでしょう。
どんなに安全な家で暮らしていても、空気清浄機は必需品です。

<症状>2013年1月14日〜21日(ピークは18日〜20日)
喉や肺の痛み(ヒリヒリ、チクチク、何かが刺さるような感じ)
呼吸が浅くなり息を吸い込めない
まぶたがとても腫れぼったく重い(意識して開かないと閉じてしまう、眠気が無い時も開かない)
目の違和感(動かし辛い、左右に視線を移動させると一時的に歪んで見える)
強い眠気
体温の変動(1日のうちに何度も上下する・35.5〜37.3度)
体温が高い間は火照り、下がり過ぎると寒気
血圧が下がり過ぎて(99-59)胸苦しい・主に夜中
頭痛


地域全体の汚染なので、何処かへ避難しては効果が無いどころか、場合によっては逆に外出により体調を悪化させてしまう危険があります。

私の身体は、極微量の物質にも反応するので、公的機関の観測データで間に合わないこともあるでしょうが、様々な情報も収集して自分なりに少しは予測し、予防に努めようと思います。
目の前の物質にも注意が必要ですが、外気も排気ガスや農薬汚染だけでなく、地域全体にも目を向けていこうと思います。
新しく友達からの情報で知ったサイトもあります。感謝です。

大気エアロゾル(微粒子)予測
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

気象庁の黄砂情報
http://www.jma.go.jp/jp/kosa/index.html

環境省大気汚染物質広域監視システム・そらまめ君
http://soramame.taiki.go.jp/Index.php
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-01-25 13:52 | 暴露対策  

暴露後の1日

昨日の暴露により、直後に多少のふらつきも感じました。
私の苦手な(?)心臓の痛みや、吐き気が無いのは助かりました。
図書館の空気により、頭痛が起こったのかは???
頭痛になる前にお薬を飲んでしまったので不明です。
お薬が無くても、激しい頭痛にはならなかったと思います。

帰宅後の暴露後対策を済ませた後、
(ここまでは、何があってもノンストップで済ませます)

シャワーも済ませ、どっと疲れ~
毎度の事ながら、床にねそべったところ爆睡してしまいました。
まあ、その後ゆっくりと復活して・・・

More
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2007-08-26 15:44 | 暴露対策  

コンサート会場へ

今回は演奏しませんが、昨日はマンドリンクラブの定期演奏会に出かけました。
独身の時からずっと続けていたマンドリンクラブ。
CS発症と共に、演奏会の会場も変更になり、より条件が厳しくなり、他にもいろいろ理由はあるのですけど、このクラブの定期演奏会の参加は断念しました。

それでも、仲間の演奏を聴きたくて♪
リハーサルを聴こうと早めに出かけました。

More
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2007-06-24 10:22 | 暴露対策  

楽器店のスタジオ

前日の日記で書いた事ですが、別の観点から書き直してみます。

つづき・・・
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2007-06-14 10:15 | 暴露対策  

私の暴露後の対応

激しい症状で動けない時は、少しでもマシな環境に移動(移動させてもらう)が最優先。
順番は、臨機応変・・・書き並べてみます。

◇うがい
     手持ちの飲み物があれば飲む。
     吐き出す事が出来るなら、口の中もよく濯いで吐き出す。

     自宅ならピリカレを楊枝の先ほどの微量を入れた浄水で
     口の中を濯ぎ、丁寧に喉の奥まで洗う感じでうがいをする。
◇鼻洗い
     鼻ピュアで何度もスプレーしては鼻をかむ
      (注)液は臭いがありますが、私は体調は悪化しません
         容器が空になったら、薄塩水を入れて使おうかな・・・
◇酸素吸入(気管をクリーンに)
     携帯酸素を吸うことによって、不足している酸素を吸う。
     萎縮した感じの肺が、スッキリ広がる感じがします。
◇暖かい物を飲む
     暖かい飲み物(お茶など)を飲む。
     血液の循環が良くなる様に思います。
◇目薬をさす
     眼を洗う感じで、何度も目薬をさしてはふき取ります。
     (医療機関の涙成分など、シンプルな目薬)
◇手洗い、顔洗い、身体洗い、着替え
     自宅や宿泊先に戻れば、しっかり洗い、
     新しい衣類に着替えます。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2007-04-12 23:10 | 暴露対策