カテゴリ:避難所探し( 36 )

 

9/12 転地して6年になりました

2007年9月12日 私は、家を出ました。
夫や2人の子どもには、事後承諾でした。
呼吸ができる環境、生きていける環境が欲しかった!

当時、1年やそこらで家に帰られるとは思っていませんでしたが、6年経っても・・・とは考えていませんでした。

気温が下がったら、週に1度位は自宅で泊まって家事をする!なんて、漠然と考えていましたが、この当初の希望は未だにできていません。

数日前、昼前に家族が暮らす家に寄って、数分で腹痛が始まりお腹を下しました。
化学物質過敏症(CS)仲間の家で休憩し、帰りにも寄ったら、玄関先で娘と話をしてる間に、また腹痛となりトイレに駆け込みました。

数時間居られる日もあれば、数分で症状が出てしまう日もあります。
だんだん増えて巨大化している携帯基地局や、Wi-Fiなど無線LANも疑っています。

家族全員に、パソコンもテレビも大型冷蔵庫も、使わない生活を強要する事はできません。
もし、電気製品も固定電話も携帯電話も切って暮らしても、私の身体が快適になるとは思えません。

シックシェルターテントを使用し、携帯基地局からの電磁波をカットすると言うシールドクロスで覆ったら、ひょっとしたら過ごせるのではないか!?と、頭の中でシュミレーションしてみても・・・
1日中テント内で過ごしていては「籠の鳥」、私の思う家族との生活とは違い過ぎます。

それでも、私は車で1時間余り走れば家族に会うことが出来ます。
家族には申し訳ないけど、私は今の生活がベストです。
この生活が、後何年続くのか?一生なのか?今の私には分かりません。

農薬散布があっても、苦しい日々があっても、転地前と比べたら、遥かに身体は快適です。
24時間身体がギシギシ痛む、肺も喉もチクチク痛む、血圧の乱高下・・・が、今はありません。
症状が現れる日があっても、消える日が・・・転地前はありませんでした。

贅沢な幸せな日々に感謝です。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-09-13 20:11 | 避難所探し  

古民家

d0001177_10595923.jpg

先程出かけた渓谷の少し手前の集落です。
アーチのある窓(?)・・・見た事がある!
大きな家ですが、屋根には草が生えて、敷地の端にある小屋の屋根は崩れています。

確か・・・5年前、この家ではありませんが、すぐ近くの大きな空き家に、お友達の運転で訪れた事がありました。

私に貸していただけるという家は、門をくぐるなり薬品臭がありました。
お友達が引き戸を開けると、家の中も薬品臭。
たぶん、庭には除草剤が撒かれて、家の中は殺虫燻蒸処理がされていたと思われます。
住む人が居ない家を守るのは、薬品処理するしかないのでしょうか。

私には大き過ぎる立派な家を眺め、家探しでほとほと疲れていた時でしたので、新しい家はダメだし、古民家も無理なのかと落ち込んでしまった日の事を思い出しました。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-07-19 10:58 | 避難所探し  

転地に踏み切れない理由

昨日出かけた山の上の集落。
他の地域と比べたら農薬散布の危険も少なく、空気がよどむ事も無いし、友達の知り合いの空き家もある。
引っ越したくなります!

転地に踏み切れない理由は・・・
急病や怪我の時、歳を重ね運転ができなくなった時、サポートを頼むのに、走り慣れない狭い道を時間をかけて来てもらう必要があるのが一番でしょうか。

家族との距離が益々遠くなるし、80過ぎた母の所に向かうにも、片道プラス30分の山道は、体力の無い私には難しいです。

なるべくサポート無しで自立して暮らしたいと頑張っても、健康な方より早く年齢的なサポートも必要になるでしょう。

いろいろ考える度、今居る家で工夫しながら暮らそうという結論になります。


理想を言うなら、農薬シーズンだけ過ごせる別荘のような使い方でしょうが、今の家の維持管理も難儀なのに、もう1軒分できるわけがありません。


今も車で1時間かけないと、様々な物が手に入りません。
食糧や衣料、日用品・・・近くの大きなスーパー等では手に入りません。
化学物質過敏症に対応してくれる医療機関も近くにありません。
公共交通機関を利用できないので、体調と相談しながら自力運転するしかありません。
自力運転ができなくなったら、生活が成り立たなくなってしまいます。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-07-14 09:20 | 避難所探し  

居場所探し・・・近場の渓谷

天狗高原に出かけた話をしたら、友達が・・・近くに渓谷があるよ!と教えてくれました。

ひさしぶりに、前の住みかのトトロの家方面(奥地)に向かう。

先ずは目的地の1つ、天空の地に登り、さらに山奥の水源から引いているという水を汲む。
d0001177_20151930.jpg

どうやって汲もうかとウロウロ・・・
声をかけてくれたおばあさんと、いろいろおしゃべり。
実際に住んでるのは10軒も無い。
この家もあの家も空き家とか。
あ~!ここに7~8月暮らせる別荘が欲しい!
d0001177_2013930.jpg

ふもとに降りて、渓谷に向かう。
分かれ道に案内があったきり、それらしい所が見つからず、沢に近くて車1台置ける所でストップ。
空気清浄機無しで吸える空気が嬉しい。
沢からの風も涼しくて、車の中で一眠り。
一息つける場所が見つかった!
ただ、トイレが無いのは困るけど、近いから良いかな!
d0001177_20122544.jpg

一眠りした後帰路・・・
「長谷渓谷」の大きな看板を見付ける。
なぁ~んだ!ここが入口なんだ!
どうして、この大きな看板が見え無かったのかな?
帰る時に見える角度というのは、行きがけには見えない!看板の立て方が悪いと思います。
また、出直して渓谷に行ってみようと思います。

家に近付くにつれ、喉がヒリヒリしてきます。眼もチカチカ痛み始めます。
症状が無いとすっかり忘れてしまい、ひょっとしたら家の周りの空気も綺麗になってるかも!と・・・期待してみるけど、現実は甘くない。

夕方には久しぶりの雷雨。
これで空気が少し落ち着いてくれないかな!

連続の農薬散布が原因ですが、連日の猛暑が私の苦しみを倍増させているのだと思います。
年々農薬を強く感じるのは、私の感受性が増しているのでしょうか?
それとも、農薬が強力になってきているのでしょうか?
農薬散布が始まってから、庭畑のカメムシが増えました。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-07-13 18:11 | 避難所探し  

見上げる天空の里

d0001177_14132932.jpg

家の少し手前から、遠く・・・山の中腹に、小さな集落が見えます。
湧き水も出て、空気がよどむ心配もありません。
ここから車で30分足らずだったと思うけど、広い道は写真に写ってる所までで、その先はせまくて片側交互通行状態。

憧れの天空の里に空き家情報があるのに、私は踏み出せずにいます。
お金がたっぷりあれば、別荘に欲しいです。
夏の農薬散布時期は、山の上で過ごしたい!

5年半前に家を出て、転々と・・・やっと今の家に落ち着いたところです。
転居は、とても大きなストレスです。
化学物質過敏症(CS)の為、何も手を加えずに暮らせたらベストでも、なかなかそういう訳にはいきません。
今の家も、破れた天井を直し、抜け落ちた床を張り、あちこち私バージョンに直して、随分お金もかかっていますから、捨てがたいし・・・。

チャンスって、すぐ捕まえないと逃げちゃうんですよね。
でも、ウズウズ動けないのは縁が無いのかな。

どんな家なのか?貸してもらえそうなのか?も分からないまま、中途半端な気持ちで、集落を見上げては自問自答を続けています。

あそこまで上がってもPM2.5はやってくるし!
畑も家も、また1から始める気力が無いのです。

私は、いつまで今の家に居るのかな?
ずっと、ここで老いるのかな?
こんなに、ずっと家族と離れて暮らすことになるなんて、苦しい!と家を出た時は考えていませんでした。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-03-04 14:11 | 避難所探し  

一時避難・横倉山

d0001177_16381389.jpg

家の中で空気清浄機に寄り添っていても不快な空気。
今日は、標高774.3mの横倉山、山頂のちょっと手前の駐車場まで上ってみました。
クーラー無しでも汗が出ません。
空も薄曇りで風は心地良いです。

ここなら、トイレもあるししばらく過ごせそうです。
駐車場はアスファルトなので、陽射しが強い日は、途中の山道の方が良いかもしれません。

せっかく上ってきたから、神社にお参りしたいけど、ちょっとお腹の調子がイマイチなので、今回はここまでにしましょう!

国道から山道に入り、徐々に道幅は狭くなり、「どうか、対向車が来ませんように!」との願いが通じたのか?無事到着。
途中頭痛と腹痛・・・と思ったら、高圧線が通っていました。
駐車場には何台も車があり・・・山歩きの方々が訪れているようです。

空気はまずまず!
評価の厳しい私は、なかなか100点とは書けません。
1000m以上の山だったら、もっと空気が良いかなぁ〜!
でも、この時期は有名な山は人だらけなんですよね。
贅沢言わず静かな山で、しばし休憩します。(12:30)

PS:15:00を過ぎると蚊が出てきて、下界に降りてきたら、汗が吹き出しました。
暑いと感じなくても身体は温もり、微熱が出ていました。(水分補給には気をつけてました)
虫対策ほか〜今一度準備を整えて、再度トライしたいです。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2012-07-28 16:38 | 避難所探し  

実家は避難場所になるか?

大忙しの昨日、実家にも寄りました。

両親が住む家と兄夫婦の家があり、別に二間だけの物置き状態の小さな家があります。
一人暮らしにちょうど良い古い家にCS対策をして住めば良いと、両親や兄は言ってくれます。

そうね~。自宅よりは良いかもしれません。
しかし、合成洗剤をやめてくれない母と、毎日付き合うのでは療養になりません。

近所とぴったり寄り添う様に建っているから、お隣りや兄の家から電磁波が来るでしょうね。
大きなマンションも並んでいるし…

ナフタリン入りのタンスを出せば、クロスも貼って無い手頃な家なんですけど、日当たりも良くない風も通らない家なんです。

私としては、一生田舎暮らしをしたい気分なんですけど。

何年かかるか…体調も良くなって、街中で暮らす必要に迫られたら考えましょうか。
今は、あまり住みたく無い感じです。

何度説明しても、お願いしても~合成洗剤は、あるから使う。もったいない…
娘が苦しくて呼吸困難になると言うのに。はぁ。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2008-03-05 20:42 | 避難所探し  

避難、転地先探し(自宅近く)

不動産屋さんの仲介で、一戸建ての古い物件を見に行きました。

CS仲間と出かけると、それぞれの感知能力でかぎ分け、短時間に効率良くチェック出来る様に思います。
大助かりです。

比較的近くにこんな所があったとは…
壁紙を貼った今の普通の一戸建てで、こじんまりした~一人暮らしにちょうど良い広さ。

かなり古い感じなのに、一軒は合板の臭いがします。
もう一軒は臭いもあまり感じ無い。

しかし、家は接近していて、日当たりがイマイチ。

何処にも居場所が無ければ、住め無くは無いけど、何かしら~ここで暮らすイメージがわいてきません。
雨の日に出かけたからでしょうか。

晴れの日も良いけど、出来たら雨の日のチェックも出来たら良いですね。

CSは、とにかく家の中で過ごす時間が長いですからね。

昨年の今頃は、CS仲間のマンション探しをしました。
転勤や進学シーズン。
借家探しには、物件が多くなるという点では、良い時期かもしれません。

不動産屋でお願いするなら、クリーニングとリフォーム前を見せていただきましょう!
見せていただいた家も、間もなく壁紙を張替えるそうです。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2008-02-27 17:55 | 避難所探し  

避難、転地先探し(山奥)

冷え込みが厳しく、道が凍っていないか心配でしたが、ピカピカの暖かい日差しの中、ゆるゆる仲間と一緒に出かけました。

ちょっと大きめのスーパーなどがある所から車で広い道を40分と、さらにとても狭い曲がりくねった道を15分程走った所。

最高級の素晴らしい空気です!

急傾斜地にしがみつく様に建てられた家が数軒…
車を停めて見上げたら、大きな立派な家!

もちろん業者によるクリーニングもなく、住民の居ない室内は蜘蛛の巣もあり埃だらけでも、有害な空気は感じません。
カビに敏感な仲間も大丈夫。
お風呂も使えそう…
山奥でありながら、日当たりも良い。

家の中に広めの廊下という感じで土間があり、幾つも部屋が並んで、何人かで共同生活も出来そう。
2階もあるけど、今回は上がっていません。

私にとってのネックは、トイレが外にある事。
今年の1月の様に、血圧が暴走したらトイレに行け無くなります。。。
ポータブルトイレを使うか…

急傾斜地なので、自給出来る様な畑が作れ無い。
家の横に車を着ける事が出来なくて…エレベーターが無いアパートと思えば、これ位は大丈夫かな?
体調不良の時は危ないかな?

ガードレールも無い道は、夜間の運転は難しそう。

∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞…∞
今回の家にたどり着いたのは

県の部所で友人がCSの家探しの話しをしていて~順次連絡をつなぎ…ある地区の地域振興課と出会う事が出来ました。

地域振興課の方と地区の方とで親切に案内していただきました。

別の役所の部所で尋ねた時は、手掛かりも無く、諦めていたのに。
翌日、家の地区の冠婚葬祭や決まり事、自治会行事ほか~解りやくまとめた文書をメールいただきました。

お隣りがどんな方なのか知らなくても暮らせる所ではありませんね。
もし暮らす様になったら、何かの時は、ご近所に頼るしかありませんものね。
オープンに~決まり事も事前にお知らせいただき、感謝しています。

さらにもう1軒
空に届きそうな高い山のてっぺんの家。
景色も最高!気持ち良い!
大きさは手頃でも、カビがあって断念。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2008-02-27 08:42 | 避難所探し  

家探し(避難・転地療養先)

ゆるゆる仲間や友人達のネットワークから、家の情報をいただいています。

タダからとってもお高い物件まで…
不動産屋さんや偵察に出かけた所も含めたら、二十ヵ所程になりました。

今回の情報は、かなり山奥の様なので、お断りしようかとも思いました。
でも、家を必要としているのは私だけでは無いのですから、情報はいただき実際に出かけてから、私自身が住むかどうか~決めようと思います。

友人が仕入れてくれた情報は、IターンUターンを支援しているお役所から…

その場所は、同じ地域かどうか確定はできませんが、以前~知人に尋ねた時には地元の人のガードが固く、外部から移り住むのは難しいと諦めた所。
お役所が間に入ってくれたら大丈夫なのかしら?

ようは私が何者か?信用出来る人か?悪い事をしたり迷惑をかけないか…?が心配なのでしょうね。
私は、悪者では無いけど、ご近所の方々に喜んでいただける様な事は何も出来ないし、一斉清掃とか草苅り作業も出来ないし、ご迷惑をおかけするかも…。

最初は安心して過ごせる空気環境さえあれば良かったけど、自宅に戻る可能性が限り無く少ない現状から、永住出来るかどうかも考えてしまいます。

たとえ私が住め無い家でも、いろいろな物件を見せていただく事は、とても勉強になります。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2008-02-21 08:28 | 避難所探し