カテゴリ:治療2008~2010( 17 )

 

治療を始めて半年

治療回数も70回を越え、半年が過ぎました。

その間、カイロプラクティックの治療は3回しか受けていませんが、腰痛はかなり回復しています。

何ヶ月も胃腸は不調で、ムカツキ、軟便が続き、体重は減る一方だったのが、食欲は出るし、食べられるようになり、便の状態も良くなり、体重は2kg増えました。
卵や魚を食べても胃もたれが無くなりました。肉は、少量ならOKです。

日中も度々横になる生活から、3日連続片道40分の運転を続けられた事にも驚いています。

一昨日、香料臭曝露でとても苦しい思いをしたのですが、頭痛も無く吐き気もふらつきも無く、驚いています。
以前と同じ香料だったのか?比較はとても難しいのですが、息苦しい他は症状が出ませんでした。
香料に限定した治療は出来ていないのですが、これまでの治療効果ではないかと、今は思っています。

治療は、食事制限による体力消耗や治療後の脱力感など、マイナス要素もありました。
しかし、回数を重ねるうちに、確かな手応えを感じるようになりました。

まだまだ、治療は入り口だと、私は思っています。
何年もかかると思います。
でも、道が見つかったのですから、ゆっくりじっくり歩いて行きたいです。

回復への道を歩む事が出来るのは、親身に相談に乗り施術下さる先生が居て下さり、よろよろフラフラの私を支えてくれる、ままさんや友人家族が居てくれるからです。
感謝するばかりです。


私が目指すのは、何も感じない身体ではなく、曝露しても激しい症状が出ない身体です。
危険な物質などは~出来る限り避けて暮らしたいと思います。

さて、思うようになるのか、何も感じ無い鈍感症になってしまうのかは、治療を進めてみないとわかりませんけど…
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2009-02-28 19:13 | 治療2008~2010  

カビの治療

ここ2週間、カビの治療を続けています。
ちょっとシツコイ感じです。

治療後は、カビを避ける必要があるので、寒い時期に済ませなくては!

私は、カビでの激しい症状は無いので、これまで重要視して来なかったのに…
生後2ヶ月で、たぶんペニシリンの注射をして、長年中耳炎は抗生物質治療、腎盂炎も抗生物質治療で高血圧症(CS)を発症。

自宅と職場は豪雨で浸水してカビだらけになったし、昨年の避難所(家)探しは、古い家(カビ)を見て回って、今思えばカビ曝露の連続でした。

昨年の4月から暮らすトトロの家は、カビ臭があります。

施術下さる先生との会話から、気付く事ができました。

はぁ~
私って、カビとのお付き合いが濃厚で長かったのね。
しっかり治療しなくては!
今度の梅雨は、少しは身体が楽になるかしら♪
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2009-02-23 21:50 | 治療2008~2010  

炭焼きの治療

炭焼きは終わったけれど、隅々まで焦げ臭い(木酢液のような)匂いが残っています。

今日は、拭き掃除もしましたが、家中全てクリーニングする事も出来ないし、ささやかでも曝露は続くことでしょう。

実は、風が止んでいる時にウインドブレーカーにがっちりとマスクをして、炭焼き窯の煙突の煙りのサンプルをビンに入れました。
治療に使う為です。

直前は竹酢液でしたが、今日は私の曝露の現物で治療して貰いました。
匂いの治療も…
さすがに~匂いを10分も嗅いでいると、頭が痛み始めましたが、大きなダメージも無く治療を終えました。

これで、野焼きなどの煙りのダメージを受ける事も少なくなるでしょう!
今回の煙りは、天然の木だけなので~ビニールや合板を燃やされた場合には危険は残るのでしょうけどね。

こうやって、1つ1つ治療して~私の過剰反応が減らせる事が出来る…と、治療を進めています。
反応物質の種類があまりにも多いので、まだ何年も続ける覚悟です。

☆炭焼き曝露症状
喉が少し赤くなる・まぶたが重い・息苦しい・頭ぼーっとなる・血流が悪い(身体や手足の冷え、尿の量が減る)

不安と息苦しさ、匂いで睡眠不足になりましたが、頭痛も心臓の痛みもありませんでした。
荷物の移動や封印作業で腰痛が悪化しましたが、煙りが出ている間は寝て過ごし回復。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2009-01-14 19:34 | 治療2008~2010  

カビについての治療①

ストレス軽減治療(風ネーミング)は、カビの治療を続けています。

私自身、カビは好きではないけれど、曝露時の症状は~タバコや香料、印刷物などと比べたら、たいしたことないと思っていました。
家族の暮らす自宅→山荘→トトロの家と居住地を替えてみて~このトトロの家のカビが一番多く、ここに来てから中耳炎の回数が多くなったり体調変化も気になっていました。

治療後は、カビを避けながら自分でもマッサージをする必要があります。
カビが大繁殖する時期より、この冬場の方が治療しやすい!との事です。

まずはサンプル集め!
ごくごく少量で良いのですが、カビサンプルを集めました。
一番の発生源と思われる、荷物置き場にしている部屋の押し入れ(家主さんの布団があります)など数ヵ所のホコリを綿棒で集めてジャムの瓶に入れました。

その際、カビ臭があるかを確認してしまった為に、しっかり曝露してしまいました。

曝露は予測していましたけど、喉のヒリヒリ感、首を締め付けられた感覚、首の筋肉が突っ張りぴくぴく痙攣は予想以上で驚きました。
そして、どんどん身体が冷えていきました。
鼻を洗い、眼を洗い、ウガイをして携帯酸素で深呼吸。
それでも、身体は冷えて血圧上昇のきざし…
早めに入浴して身体を暖めて、やっと落ち着きました。

他の物からの曝露が少ない中、シンプルな曝露で、カビに対する身体の反応を知る事が出来ました。
曝露は避けなくてはいけませんが、貴重な体験が出来たと思います。
ほとんどの曝露は複合汚染で、実際に原因物質を特定する事は難しいですから。
カビで深刻なダメージを受ける事の確認、これからの治療にもしっかり取り組む必要があると自分自身に言い聞かせる事もできました。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2008-12-20 18:44 | 治療2008~2010  

コンサートで…(治療効果?)

若いマンドリン仲間の小さなコンサートに出かけました。
会場の喫茶店は、とても気持ちの良い空間です。

しかし、次々とお客さんがやってきて満席に。
近くに座った方の整髪料を感知して席を立ち、持参した折りたたみ椅子を車から降ろして、安全そうな位置に移動。

マスクを着けてコンサートを楽しんでいたら、遅れて入ってきた方の香水にガツン!!!

もう1枚マスクを追加しようかと思ったら、離れた席を譲ってくださる方が現れて、香水臭は遠くなり~ヤレヤレ。

楽しい楽しいコンサート♪
人が大勢集まって、臭いも充満して眼から刺激物質が入ってきましたが、身体には良く無いのでしょうが、私は聞きたかったコンサートを楽しみました。

息苦しく、眼も痛い、若干の締め付けられるような頭痛…
でも、心臓が痛くなったり、呼吸困難にはなりませんでした。

コンサート終了後、演奏者や久しぶりに会えたマンドリン仲間と歓談もできました。

車に入る前にピリカレスプレー。車内で、曝露時にしたら良いというポイントをマッサージ!
息苦しく無かったのかなぁ?
携帯酸素を吸う事を忘れていました。

トトロの家に戻るなり、衣類や持ち物を居室に入れないように片付け、しっかりお風呂で洗い、身体を暖めて血流を良くなるようにしました。

一夜明けた今、曝露によるだるさなどの症状もありません。
40回の治療効果かな!?

極力香料から離れた生活をして1年3ヶ月。
マスキング状態でも無い!
症状が軽く済んだからと言って、私は曝露の危険は、やはり避けたい!
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2008-12-08 07:56 | 治療2008~2010  

治療名について

今私が続けている治療については、治療名を公表していません。

それは、CS治療として有効なのか?デメリットは何か?私なりの判断が出来上がっていない事や、このblogに公表する事によって、治療所や治療者まで特定される恐れがある事、私の記事が独り歩きして、同じ治療を受けている患者さんや治療者の方々にご迷惑をおかけしてしまう事などの心配があるからです。

しかし、私としては自分の体調記録として書き留めていく必要もあり、名前が無いのも不便です。

私なりの勝手な解釈によるネーミングでは…「ストレス軽減治療」という感じでしょうか!?
あくまでも、このblog上でのネーミングですから、他では使わないで下さい。

そして、ストレス軽減治療は始めたばかりで、blog記事は現在進行中でどこまで行けるのか、行き先は不明です。
読んでいただけるなら、2008年9月の始め頃の記事から、順にたどっていただきたいです。
ある意味でオーダーメイドの治療なので、同じ方に治療していただいても、私と全く同じにはならないと思います。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2008-11-22 03:57 | 治療2008~2010  

寒い!(血圧コントロール)

今日は、一日~17度。
真冬なら温かいと感じるかもしれないけど…寒いです。

急な冷え込み→血圧上昇
降圧剤の服用を中止(医師の指導のもと)してから3年になり、補助的に使用していた安定剤も、ここ半年は服用していません。
この時期は、使うべきでしょうか!?

朝から室温が上がらず、身体も動かさないので、目一杯着込んでも足先から冷えてきて、血圧が上昇気流に乗ってしまいました。
夕方には160近くになり、このままでは~お風呂にも入れません。
糠の保温袋では間に合いそうになくって、今シーズン初!湯たんぽ登場です。
布団に湯たんぽを入れ、下半身をゆっくり暖めると血圧は120まで下がりました。
簡単と言えば簡単なのですけど、この自分の血圧コントロールも、試行錯誤しながらの経験によるもので、どなたにも効果があると言うものではないでしょうね。

それから~お風呂に入り、半身浴(お湯の温度を計りながら)をして、しっかり血液も巡らせて~もう一度血圧チェックしたら130そこそこで上出来!

私の場合、少々の変動で薬を使うと~血圧は下がり過ぎて、エライ事になってしまいます。

高血圧症の方は、主治医と相談して下さいね。
私は、5年近く医師の指導で、1日も欠かさず降圧剤を服用し、徐々に減らして薬を切りました。
時には30分毎に計り、動いた時や入浴の前後、様々な状況での血圧を計って自分の身体を観察し続けて、薬無しのコントロールをするようになりました。(薬でのコントロールが出来なくなったのですけど…)

血圧を上げないコントロールが出来たら良いのに…出来ないんですよね。
寒い!ってスイッチが入ったら~止まりません。
CSならではの血圧変動。
治療が進み、この問題も解決出来る日が来る事を待ち望んでいます。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2008-10-26 21:13 | 治療2008~2010  

私のCS発症原因

2005年、職場の隣の改装工事に伴うシンナー臭により体調が悪化した為に、私はCSに気付きました。

しかし、2001年に突然発症した二次性高血圧症(原因がある高血圧症)について、検査をしても原因は見付からず、CS専門医からもCSが原因ではないか!?と言われていました。

スケジュール帳を見つけ、様々な出来事を思い出せるだけ書き出して…

数年に渡り、折り重なるようにストレスを受け続けていた事が分かりました。
区切る事など出来ない人生ですが1998年頃から…
〈身体的ストレス〉
職場の水害、祖父の介護、続いた葬儀、マンドリンの活動の場を増やした事など。
〈環境的ストレス〉
職場付近のビル建設、電線地下埋設の大規模工事、自宅付近の大きな排水路工事、道路拡張工事やそれによる10軒近くの建て替え工事など。
〈心的ストレス〉
子どもの登校拒否による学校や対人関係のもつれ(時期的には更にさかのぼります)など。

自分でもゾッとしました。
当時はCS的発想が無いので、環境については~今程気にしていなかったのですけど…

私の身体は随分頑張ってたのに、無理を重ねて~ついに!!!
高血圧症というサインを示し、CS症状を現して身体を守る様に警告を発してくれたのだと思います。

治療を進め、この事に気付く事ができました。
何やらミネラルも関わっているそうな…
私自身の身体(心を含む)の声を聞いてもらいながら、根本的なストレスを解除していけたら♪

説明するのが難しい治療です。
昨日、友人から宗教がらみではないかと言われました。
宗教は大切だと思いますが、今回の治療は関係が無くて…
そうですね…。
Oリングに似た方法で調べて、治療してると…言えば良いのかなぁ~。

Oリングは、練習を重ねると、自分でも出来るようになるそうです。
CSになっていなくても、自分の身体を有害物質から守る為に、テクニックを身につけたら便利です。毎日Oリング練習して、感覚を養いたいです。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2008-10-25 09:43 | 治療2008~2010  

医療との出会い

CS(化学物質過敏症)になるまで、私は出生時からずっと西洋医学のお世話になりながら命を繋いできました。
体調が悪い時には、安静にし薬を飲み(注射をして)…

しかし、CS発症後に私と関わった西洋医学の医師達(ごくごく限られた専門医以外)には、CSは不可解な病気で、CSの存在自体認められない方もいました。

CSになってから、自分の工夫や努力では何ともしがたい体調不良の時、鍼灸院に助けを求め駆け込みました。
薬を使わず、私にとって総合病院となり、中耳炎や膀胱炎なども治療してもらいました。

次に出会ったのが接骨院での整体治療。
それまでCS症状と信じていた症状の一つが、背骨の歪み(?)が原因だったと…治療を体験する事で気付く事が出来ました。
気功も取り入れての治療。
日常生活の姿勢だけで無く、気持ち(心)についても気付かせてもらいました。

薬剤を使う西洋医学治療から、鍼灸、整体、気功と…
どれも私の身体の危機を救ってくれた治療ですが、対処療法から脱してCSの根本治療に向かう事が出来ていないように感じ始めていました。

曝露に注意を払い、安全な食べ物を食べ、半身浴をして運動をして…、回復されたというCS仲間のHPやブログを読ませていただき、励みにもしてきました。
でも、どうにも体力が無くて運動などできません。
転地療養しても、安全面に配慮しミネラル豊富な食事をを続けても、曝露による体調悪化は防ぎ、日々の生活は快適になっても、回復に向かっている実感が持てずにいました。


9月から始めた治療は、これまで体験してきた治療体験全てが折り重なって納得出来るものでした。
治療体験があったからこそ納得出来たと思います。
(治療内容は、深くてまだまだ理解しきれていませんが、先生との会話や書籍で理解を深めているところです。)

危険物質は避けなくてはいけません。
でも、生活上避ける事が不可能な、様々な物質と付き合っていく為に、激しい症状が出ないように身体をリセット出来たら♪

上手く行くのかな?
身体は微妙に変化しているようですが、はっきりと治療効果をブログ上で書き表せる段階ではありません。
何しろ私の反応物質は多過ぎて、自分で気がついていない物もたくさんあり、これまでの心のストレスもあります。
一つ一つ…気が遠くなりそうな治療は、始まったばかりという感じです。

これまで出会った様々な治療、先生方、どれも私にとって宝物です。
それぞれの治療を否定するのでは無く、私の身体が求める時は、お世話になる事でしょう。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2008-10-18 07:33 | 治療2008~2010  

食事内容の再検討

治療に伴う食事制限があり(初期段階のみ)、栄養素など~いろいろ考える機会を与えて貰っています。

私なりの考えで、化学物質を取り込まず、ミネラルやビタミン豊富な食事をとるようにしてきたのですけど…

食事の内容が良くても、私の身体が消化吸収し、身体の中で利用出来ていないとしたら…。。。

玄米食にして毎食しっかり食べて、一時はとても胃腸の調子が良かったのですが、いつの頃から~お腹はゴロゴロしてガスがたまりがち、便もゆるくなり体重も下降気味になっていました。

本を読んでいたら~有機食品は非常に栄養価が高く、かつ複合的な組成を持っていて、消化吸収には、より多くの酵素とエネルギーが必要になるとの記述もありました。

ちょっと~また、方針転換です。
美味しい玄米を中止して、白米を柔らかく炊いて食べるように変更してみました。
好きな生野菜のサラダも果物も、加熱してから食べようと思います。

私の身体の負担を減らして、様子を見ながら食べましょう。
治療がすすめば、きちんと消化吸収出来るようになると思います。

治療を始めて一月。
初日は、視界がクリアーになった感じ。
日によって、身体がだるく重苦しくなったり、快調だったり~

まだ、はっきりとCS症状が改善されたとは言えません。

治療効果かどうかは別にして、先週出かけた講演会会場では、マスク、携帯酸素使用で~様々な臭いを感知し息苦しかったけれど、頭痛は起こらなかったです。
また、お腹がゴロゴロしてガスが出る事は減ってきましたが、軟便は改善出来ていません。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2008-10-11 07:17 | 治療2008~2010