<   2013年 01月 ( 38 )   > この月の画像一覧

 

福島の佐藤幸子さんの講演会

「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」代表の佐藤幸子さんの講演会のお知らせです。
d0001177_10413489.jpg
d0001177_10414983.jpg
2月23日(土)13:30〜窪川四万十会館
主催:NPO子どもと未来ー四万十町ー
入場料:500円
連絡先:0880-28-5588(川下)












2月24日(日)13:30〜こうち男女共同参画センター「ソーレ」
参加費:500円
連絡先:088-844-3306からだの講座ぐるーぷ(担当:辻)




佐藤幸子さんの目線での福島の現状を、教えていただくチャンスだと思います。
私は、参加できそうになく・・・残念です。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-01-31 10:39 | お知らせ・つぶやき  

農薬大国日本・木村さんの講演で思う

講演を聞きながらの私の感想です。

「化学物質過敏症・ゆるゆる仲間」発足の時の講演会で、日本での単位面積あたりの農薬使用量が世界一と教えてもらいました。
先日の、木村さんのデータでも、日本は相変わらず第一位!
それもダントツ!
二位の韓国は半分位の量で、中国を含め他の国は足元にも及ばない。
データに敏感な日本なのに、ワースト一位の汚名返上に何故努力しないのでしょうね。
子どもの学力なんて、ニュースでも取り上げられるのに・・・

私の記憶は定かではないけれど、米作の「除草剤」の使用量も、似たようなグラフだったように思います。
私は、農家さんに代わって草取りもできないし、炎天下での田んぼでの作業を考えたら、100歩譲って除草剤も仕方ないかな・・・。
でも、待ってください!
ダントツ世界一の量を使う必要は無いでしょう!

農作物は、農薬や化学肥料を使うから虫が来て病気になると、木村さんはおっしゃいます。
私も家庭菜園で、めちゃくちゃアブラムシがついた事があります。
肥料を減したらあまり虫は来なくなりました。
台風の後弱った野菜が、いきなり虫だらけになった事もあります。
私のささやかな経験でも理解できるし、実践できるのに、プロの農家さんは何故農薬を撒くのでしょう?

今の日本人は、病人だらけです。
風邪をひいても、頭痛があっても休むのではなく、薬を飲んで元気な時と同じように飛び跳ねなさい!と、コマーシャルで身体を酷使することを推奨しています。
具合が悪い野菜達にも、農薬で虫が来ないようにして、不健康な野菜みたいな形の物を作っているのではないかと・・・
薬(医薬品)浸けの日本人は、薬(農薬)浸けの野菜に、更に添加物までトッピングして食べていると思うと、目の前が真っ暗になってきました。

でも!
会場は押し合いへし合い満員です。
農家さんらしい方々もいらっしゃるようです。
木村さんのお話を聞いた方は、きっと買う時は無農薬野菜や自然栽培の物をえらぶでしょう!
農家さんは、自然栽培に切り替えるか、少なくとも農薬の使用量を減らすでしょう!
木村さんは、ご自分のノウハウを教えてくださいます。
良い所は真似て、より良い方法が見つかれば、皆で実践しようと呼びかけています。
私も、自然栽培向かって進もうと思います。

どうか、どうか、農薬を減らしてください!
私が食べられるレベルの物を作って欲しいとは言いません。
農薬を撒かないと言う事は、化学物質過敏症患者の吸う空気を悪化させない事に繋がります。

※ダントツ・・・飛び抜けて1番という意味で使用しています。
でも、「ダントツ」は、殺虫剤農薬(クロチアニジン・ネオニコチノイド系)の名前でもあります。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-01-30 17:41 | 農薬  

大気汚染をチェック!

2週間前の大気汚染は、症状が出てから原因を探したけど、今度は事前にチェックです。

大気汚染エアロゾル(微粒子)予測では、もう少し先かと思ってたら、チェックの度に変化して、「やや多い」から「多い」のオレンジマークになっています。
若干感知して、喉のヒリヒリと眼に違和感がありますが、とても軽い状態なので今は空気清浄機無しでOKです。

はたして、私のこの感覚が予報とシンクロするのか?人体実験気分です。
でも、無防備に曝露なんてことはやりません。

何故、私の居る四国より、近畿とかが先に汚染が始まるの?って思ったら
「東アジアの広域大気汚染マップ」
http://envgis5.nies.go.jp/eastasia/ConcentrationMap1.php
のサイトに汚染の広がり具合が示されていました。

中国の大気汚染がひどくなり、2/2頃まで注意が必要だと下記のサイトにありました。
「子ども達を放射能から守るネットワーク@ちば」の情報
http://takumiuna.makusta.jp/e207608.html

夏は農薬から逃げ、唯一空気が良いハズだった冬に、中国から汚染物質が届くとは。。。
怒ったり喧嘩しても始まりません。
前回の経験から、まともに曝露したら眼にも症状が出るので、運転不能となるので、閉じこもって過ごそうと思います。

今日は、ご飯も炊き、定番の野菜たっぷりスープもたくさん作り置き。
台風のように、サッと過ぎて欲しいです。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-01-30 15:32 | 体感・日記  

奇跡の林檎の木村秋則さんに出会うまで

d0001177_20143326.jpg

一昨日、木村さんにお会いしました・・・と言っても、会場の一番後ろの席から、壇上で講演される木村さんを拝見しただけなのですけど。

「自然栽培の野菜」という言葉は、ずっと前から化学物質過敏症(CS)さんのブログで知っていました。

東京の化学物質過敏症外来がある、北里研究所病院を受診する時に、当時宿として利用していた銀座の吉水旅館で「日水土」というレストランを教えてもらって出かけたら、自然栽培のお野菜という説明を受けました。
当時は、無農薬の野菜ということしか知りませんでした。

化学物質過敏症患者のドキュメンタリー映画「いのちの林檎」の上映準備中、打ち合わせで利用した自然食レストランで、何の予備知識も無く「降りてゆく生き方」という題名が気になり、本をお借りして帰りました。
中に、化学物質過敏症の記述があり驚きました。

また、「いのちの林檎」の試写を見て、木村秋則さんや、林檎や自然栽培の描写もあり、「降りてゆく生き方」の本と重なる所もたくさんあってまたまた驚きました。

「降りてゆく生き方」の本を買いたくて、探したけれど販売されていないとの事。その前作「日と水と土」の本も、ネットでも見付からず・・・ある日、普段あまり出かけない自然食品店の本のコーナー、「日と水と土」河名秀郎(著)の本と目が合い購入する事ができました。

「いのちの林檎」と「日と水と土」が私の中で絡み合い、自然栽培をされてる畑を見せていただきに出かけたりしながら、徐々に自分の畑も耕すという作業をしなくなりました。

友達から高知で河名秀郎さんの講演会があると声をかけていただき、お話を聞くことが出来ました。その時は、河名さんと直接少しお話もできました。この偶然に感謝しました。

昨年の事。始めたばかりのFacebook「しあわせみかん山」の事を知りました。
以前、私がマンドリンを弾かせていただいた事がある、お寺の住職さんの関係で教えていただき、興味深く記事を読ませていただいていました。

それが、今度は化学物質過敏症の講演会の打ち合わせだったか?自然食レストランでみかん山の方とお会いする事ができ、みかん山の様子を直接聞くことが出来、みかんも手に入れることが出来ました。
その時、1月に木村秋則さんが、高知に来られる事を教えていただいたのです。

是非、お話が聞きたくて、大勢がすし詰めとなる会場は、化学物質過敏症患者にはとても危険なのですが、防毒マスクで参加。
最後までお話が聞けて、大満足です。
実践されている方の言葉はとても力強く説得力がありました。
農薬の恐ろしさ。私も身をもって感じています。
日本中が自然栽培となったら、どんなに素晴らしい事でしょう!

求めていたら、皆が私の周りに寄ってきてくれたように思います。
これは、偶然なのでしょうか・・・感謝するばかりです。

木村さんの講演に興味がある方は、少なくとも農薬は多用しないでしょう!
多勢の方々を眺めていたら、皆が化学物質過敏症の見方となってくれているような夢幻が、頭の中でムクムクと膨らんでいきました。

木村さんの林檎で、化学物質過敏症患者の命が救われました。
無農薬のお米や野菜が無ければ、私の命は維持できません。

「百姓が地球を救う!」木村秋則(著)
木村さん頑張れ!みんな頑張れ!私も頑張ろう!
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-01-29 20:12 | 体感・日記  

ジャンボ人参???

d0001177_17594342.jpg
d0001177_17595665.jpg
昨日収穫した人参。直径6cmほど。
こんなに大きいのは初めてです。
ちょっと大き過ぎます。

もちろん、化成肥料なんて入れていません。
記憶は?ですけど、ひょっとしたら8月にちょっとESペレット入れたかな。
後、11月頃に米糠をパラパラ撒いたかな。
後は、刈った草を乗せて乗せて・・・でも、人参撒いた所は、あんまり草を乗せてないんです。

ESペレットは、私も使える肥料ですし、入れると甘くて大きな野菜ができるんです。
でもね。
入れ過ぎると、アブラ虫がいっぱい来るし、ミミズの養殖場みたいにミミズだらけになって、モグラも増えて・・・

自然農の事を知ってから、かなりEMペレットも減らし、入れてない畑もあります。

今日は、木村秋則さんの講演会に出かけてきました。
とっても分かりやすく、苦しいながらお話が聞けて良かったです。
肥料が無くても米や野菜や果物が育つ不思議が少し見えてきたように思います。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-01-28 17:58 | 家庭菜園  

本を読みたい・読書箱

d0001177_11452691.jpg

読めないのに「百姓が地球を救う」木村秋則 著・・買ってしまいました。

化学物質過敏症(CS)の発症に気付いて、すぐに「印刷物」から出ていると思われる揮発物質が辛くなりました。

刷りたての新聞など、飛び逃げたくなりました。
カラー刷りは特に辛くて・・・胸はドキドキ、頭痛が激しく、眼もチカチカ、吐きそうになりました。
最初、指先は鈍感で気になりませんでしたが、そのうちに触れると痺れるような違和感を感じ、その感覚は指先に付着しているようで、触れた後しばらくは擦っても洗っても除くことができませんでした。
自分の病気について知りたくて、本を読みたいのに読めなくて、しばらくは諦めていました。

比較的刺激の少ない印刷物は、風に晒し日に晒して、気分が悪くなるまでの短い時間を積み重ねて読めるようにはなるのですが、本を買ってから何ヶ月も経過していて意欲も半減し、読めていない本も多々あります。

2012年の春頃から、CS仲間も割りと見られるというコープ自然派のチラシが、やっと干さなくても見られるようになりました。
それでも、見ると気分が悪くなる印刷物の方が多いです。

この読書箱を買ったのは、障害年金の申請をしようとしていた時、CSさんから格安で譲っていただきました。
書類に書き込む必要があり、社労士さんからの手紙も合成洗剤の臭いが付着しており、読書箱が無かったら、家族と離れて暮らす私には、手続きをとるのも難しかったと思います。

ステンレスとガラスで出来たて読書箱。
冬は冷たいし、ベストの使用方法は、綿手袋とポリ手袋を重ねてケース内に手を入れるのですが、手は蒸れるし紙をめくり辛いですし、室温との関係でガラス面は結露で曇ってしまいます。
ファンが付いて箱の中の空気を排出するタイプもあるとか?聞いた事がありますが、排出するにはパイプも必要でしょうから。。。
後、ガラスは手前が開くようになっているので、閉じる度に自分に向かって揮発物質が吹きかかり苦しいです。
その間、息を止めるとか、本をセットしてから箱の前に座るとか、工夫すれば良いのでしょうが、ついついパタンと閉めてから気持ち悪くなって、読書をあきらめたこともあります。

今は、ちょっと不快でも素手でページがめくれそうです。
読書箱は冷たいけれど、ちょっと読んでみようかと思います。
明日、かなり無謀ですが、木村秋則さんの講演会に出かけます。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-01-27 11:42 | 必需品  

誤作動なだめながら・ご飯炊き・収穫

d0001177_161356.jpg

誤作動中の脳を制御しながら、洗濯物も土間干しできて、ご飯も炊けました。

玄米計量→精米→少し放置→洗米→水に浸ける→水の計量→土鍋炊飯→蒸らし→1食分にパック詰め。
私にとって、なかなか大変な作業でした。
途中、他の事をしたくなってもじっと我慢です。
戻って来られなかったら、出来損ないのご飯になってしまいますから。

途中〜研ぎ汁を畑に持って行き、そのままスティックブロッコリー、大根、ほうれん草の収穫作業に移行してしまいましたが、寒かった為に畑に集中できずに台所に戻れました。
気候が良かったら、お昼過ぎまで、畑の手入れに熱中してしまったかもしれません。

一番の難関は火をつけている時間。
約20分。タイマーをつけていても、外に出てしまったらおしまいです。
寒い土間の台所を離れないよう、おかずを作ったり、食器を片付けながら、ご飯炊きを忘れないように努めました。
ちょっと、お昼も過ぎた頃、蒸らし終わりを知らせるタイマーが鳴り、無事ご飯も土鍋から出せてヤレヤレ。

ちょっとご飯は、柔らかめに炊き上がりました。
お味噌汁を作るつもりが、古くなったお野菜の片付けのために、具だくさんになって重ね煮風になってしまいました。
まあ、お野菜たっぷりで良いよね。

お昼ご飯が済んだら、スティックブロッコリーがザルの上で・・どうするの!?
一緒に煮ても良かったのに、完全に私の頭から消えてました。
ご飯炊きで頭の中は、いっぱいでしたから。

たぶん、認知症ってこんな感じだと思うんですよ。
今日は、気合いを入れたから出来たけど、誤作動を自覚せずに気分のまま行動したら、お昼ご飯の用意は、昨日のように夕方になっても出来なかったと思います。

午後2時頃から、先週と似た喉チクチク症状が始まりました。
ネットで調べたところ、黄砂は無く、微粒子汚染が「やや多い」になっていました。
今回は、一応私の症状とシンクロしていて、私の感知器が間違っていないと言えそうです。
午前中にご飯炊けて良かった!
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-01-26 16:07 | 体感・日記  

雪が舞ってます・時間が止まってます(脳の誤作動?)

昨日は、ハードスケジュールや中国の大気汚染や香料曝露などが折り重なっていたので、あえて自分に課題を与えずに過ごそうと思っていました。
しかし、ゆっくりするにもほどがある。
かなり「時間の感覚」がおかしくなってると気がつきました。

ネット検索や記事のアップなどに集中してしまい、部屋の片付けも食事の用意も洗濯も出来ず、鍼治療は携帯アラームのおかげでギリギリ間に合いましたが、食事時間も無くパンをかじりながら車を走らせるありさま。

鍼治療の前に会う約束も、当然間に合わないので時間をずらせてもらいました。
自分が指定した時間をすっぽかすなんて、私は許せないけど仕方がありません。

これは、軌道修正しなくては!と思ったけれど・・・帰宅後もボーッと過ごして終わりました。食材はあるのに作れなくて、チンして遅い時間に食べました。

こんな時は、何をやっても中途半端。
部屋の中は、散らかって歩くのも大変。
何でこんな所に空気清浄機があるの?・・・車から降ろしたまま入口に座ってます。

今日は、ご飯を炊かなくては!出来るかな?
私の感覚では10分〜20分の時間が、1時間単位で進んでいるようです。
10分=1時間とすると、1日は・・・240分〜これって何時間?
寝る時間もあるから、全く時間が足りません。

動いていないから暇!ってことではなく、私の頭は休まず動いてます。
ただ、空回りして、回り道、迷子・・とても疲れます。
1つの事ならできます。
次の事に頭は切り替えるのが大変です。

今日は、雪ですが、山のようにたまってる洗濯物を、少しは洗って干します!(何日も干せずに洗い直す事もあります)
今日は、ご飯を炊きます!
iPadを切って、やってみます。

2年前に時間が止まった時は、もっともっとヒドイ状態でしたが、ままさんと同居していたので生活できました。
ちょっと、ネジをまいて頑張ってみます。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-01-26 10:09 | 体感・日記  

中国からの汚染に備える・大気エアロゾル(微粒子)予測

先週の外気による体調悪化は、CS仲間やその他の友達からの情報や、私自身の体調観察により、中国の大気汚染物質が飛来してきた影響ではないかと、今の時点では考えています。

これませ、中国等からの汚染物質は、黄砂と共に飛んで来るものと思い、空に霞がかかる日などには注意してきました。
でも、今回の体調悪化時は、18日は霞も無い晴天でしたので、原因を探りかねていました。

そうですよね。砂漠の黄砂が飛んで来るのですから、私が苦手とする化学物質は、黄砂が無くても気象状況(風)によってはやって来て当然でしょうね。

さて、どうやって体調悪化を防ぐか!?
一生をクリーンルームで過ごす!なんていうのは嫌だし・・・
今回のような症状を実感したら、マスクや空気清浄機を使って吸い込まないように、眼などの粘膜に刺激が加わらないように気を付けるべきでしょう。
どんなに安全な家で暮らしていても、空気清浄機は必需品です。

<症状>2013年1月14日〜21日(ピークは18日〜20日)
喉や肺の痛み(ヒリヒリ、チクチク、何かが刺さるような感じ)
呼吸が浅くなり息を吸い込めない
まぶたがとても腫れぼったく重い(意識して開かないと閉じてしまう、眠気が無い時も開かない)
目の違和感(動かし辛い、左右に視線を移動させると一時的に歪んで見える)
強い眠気
体温の変動(1日のうちに何度も上下する・35.5〜37.3度)
体温が高い間は火照り、下がり過ぎると寒気
血圧が下がり過ぎて(99-59)胸苦しい・主に夜中
頭痛


地域全体の汚染なので、何処かへ避難しては効果が無いどころか、場合によっては逆に外出により体調を悪化させてしまう危険があります。

私の身体は、極微量の物質にも反応するので、公的機関の観測データで間に合わないこともあるでしょうが、様々な情報も収集して自分なりに少しは予測し、予防に努めようと思います。
目の前の物質にも注意が必要ですが、外気も排気ガスや農薬汚染だけでなく、地域全体にも目を向けていこうと思います。
新しく友達からの情報で知ったサイトもあります。感謝です。

大気エアロゾル(微粒子)予測
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

気象庁の黄砂情報
http://www.jma.go.jp/jp/kosa/index.html

環境省大気汚染物質広域監視システム・そらまめ君
http://soramame.taiki.go.jp/Index.php
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-01-25 13:52 | 暴露対策  

突然〜お手伝い・酒饅頭

d0001177_1843732.jpg
d0001177_1843995.jpg
d0001177_18431186.jpg
昨日は、微熱と少々頭痛がありながら高知に出かけ、講演会のチラシについて打ち合わせ。
相変わらずまとまりの無い話をしながらも、患者会の意をくみ取ってチラシをデザインしてくださり・・・デザイン以外のサポートもいただけるとの事、感謝です。

今日は、疲れているけど休みがちなので、早朝治療にもでかけました。

頼まれていた「種子島洗糖」を届けに友達の作業場に出かけると・・・
「良いところに来てくれた!手伝って!」と言われて
「私、疲れてるんだけどぉ〜」と言いながら、微熱も頭痛も無いのでお手伝いすることになりました。

久しぶりの酒饅頭作りです。
作り方も忘れてますが、お友達の半分以下のスピードですが、猫の手よりマシだそうです。
手作り粒あんは絶品!国産小麦粉でないのが、ちょっと不満ですけど、酒粕もたっぷり入ったこの酒饅頭・・・私は食べられます。

公私にわたりお世話になりっぱなしのお友達。
5年前に転地してきた時から、春の桜祭りの時には助っ人(?)として、少しづつお手伝いしてきました。
最初の年は、ほんの数時間臭いのは嫌だ!と言いながらシール貼り。
次の年は、腰掛けたまま「あんこ」の計量。

好きな時に好きなだけ休憩して、えっちらおっちら時間もかかって、ちっとも戦力になりません。
立ち仕事も苦手、紙を扱う包装作業もダメ。力仕事はもちろんダメ。
それでも良いと言われ、都合の悪い日や体調により休みながら、化学物質過敏症(CS)の話をしながらマイペースでお手伝いしてきました。

今年は、これまで手伝ってくれてたパートさんが来られないとかで、こんな私に戦力になってくれと言います。
忙しくなる3月。
講演会の用事と重ならなかったら!手伝おうと思います。

曝露がゼロではないけれど、かなり少ない職場だと思います。
頭の回転が悪くなる事など、CS症状を知った上で、私の苦手な作業も知った上で働く場を提供してくれる友達に感謝です。

今日は手慣らしの酒饅頭作り。
「あんこ」の計量とあんこを包む作業を手伝いました。一応できたみたいです。
今日はたくさん作りましたが、皮の仕込みや微妙な蒸し加減などは難しく、私一人では作れません。
ふかふかの酒饅頭。美味しかった!

3月だから手伝えるのです。
4〜9月は農薬ダメージで使い物にならない私です。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-01-24 18:41 | 体感・日記