<   2013年 06月 ( 54 )   > この月の画像一覧

 

大型機械による農薬散布

私の家に比較的近い地区の散布は、7月24日、28日、29日。
コンクリートミキサー車かと思う機械の中には、大型ファンがあって・・・たぶん、ミスト状のものを散布するのだと思います。
ネットで調べても、スーパースパウタについての記載は?です。
私のブログ記事が出てきたりします。
d0001177_15302282.jpg

そんなに広くない道路を隔てて住宅があるのに、こんな機械で散布して良いのでしょうか?
作業は、夜中の0時からなので、散布の様子を見る事もなく、知らない人も多いです。
私も偶然見つけた時は驚きました。

近くの農家さんの散布と、機械散布や無人ヘリ散布の違いは、薬品の濃度が違うようです。
ダントツの場合、一般散布の希釈倍数は4000倍。スプレーヤーなどの機械散布の場合は1000倍。
また、アミスターエイトの場合、一般散布の希釈倍数が1000~1500倍なのに、機械散布や無人ヘリ散布は原液とか8倍と、濃度が高くて・・・調べてて驚いてしまいました。

近くで度々散布される薄め(?)の農薬と、2~3km離れた所の濃厚な大型機械散布。
どちらも避けるしかありません。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-06-30 15:01 | 農薬  

農薬一斉防除(散布)のお知らせ

今日、広報が届きました。
私の家から2~3kmの所で、大型機械による農薬一斉散布が行われます。
d0001177_1544029.jpg

2~3kmも離れていたら大丈夫でしょうか?
一斉散布地域は、一気に散布されますが、家の近くの田んぼは個々に散布するので、毎日農薬散布となります。

散布時期に雨や強風の日があると順延されます。
昨年は、天候が悪くて毎日電話で問い合わせました。
家に居てもモーター音に気をつけて、なるべく吸い込まないようにしたいと思います。

昨年まで、広報には薬剤名が無かったのに、今年は書かれています。
毎年、私が問い合わせているからでしょうか?

アミスターエイト(アゾキシストロビン殺菌剤)
ダントツフロアブル(クロチアニジン・ネオニコチノイド系農薬)
トップジンスタークル(ジノテフラン・ネオニコチノイド系農薬+チオファネートメチル殺菌剤)

アミスターエイト以外は未体験の薬剤です。
特に、トップジンスタークルは、私の
身体がどんな反応をするのか心配です。

昨年まで、7月の散布はピレスロイド系農薬だったのに、高知市と薬剤は違いますが、2回共ネオニコチノイドに決まったようで、ヨーロッパの動きと逆行していてため息がでます。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-06-30 12:28 | 農薬  

自分探し・軌道修正へ

いつの間にか自分を枠にはめていた。
自分で自分を縛っていた。
このままで良いのか!?

転ばないように頑張ってきたけど、
ちょっと転んでみようと思う。

もっと自分らしくなりたい!
もっと素直になりたい!

「だるまさんが笑った」 新風舎
絵:向井五十代  文:向井俊博
尊敬するご夫婦の合作の本を、久しぶりに開いたら、いろんなだるまさんが現れて、「そうだ!そうだ!」と励ましてくれました。
d0001177_8205459.jpg

[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-06-30 07:59 | 体感・日記  

クリップ式扇風機の試運転

6月14日の農薬散布で、シックシェルター(家庭用クリーンルーム)のテントに閉じこもってみたら、蒸し暑くて・・・

扇風機があったら良いなぁ~と思って、決死の覚悟で電気屋さんに突入して、クリップ式の扇風機を買ってきました。
一応、台も付いているので、挟まない場合も自立できる扇風機です。

買ってきて箱から出し袋から出したら、気絶しそうな異臭(成分は?ですが、臭いの感じとしては私の苦手な鍋のとっての臭いに近い)がして、即刻返品しようかと思いました。
でも、返品に出かける元気も無く、寝室から遠い方の土間に置きました。
数日後、恐る恐る臭いチェックをしたら、しっかり顔を近寄せて臭う程度に激減していました。

電気製品に限らず、プラスチック製品は、傷が付かないようにする為か、ポリ袋を被せられています。
出来たばかりの生乾きのプラスチックを、すぐにポリ袋に入れてると思えば、出したばかりの製品は、臭って当然ですよね。

更に土間で消極的な空気晒しを2週間。
農薬から逃げる為に窓を閉めてたし、雨で開けられなかったし・・・
d0001177_1538770.jpg

今日、お試し運転をしてみました。
テントの上部からぶら下げるには重た過ぎ。
布団が落ちないようにするガードに、クリップを止めて動かしてみました。
位置が低いけれど、まあまあの風量で首ふりもOKです。
ただ、私の布団がマット程度の薄い物なので、ベッドガードを差し込んだ所(薄い布団の下)の金属棒が、身体に障ってちょっと痛い。
後、土間ではあまり気にならなかった臭いが、クリーンルームでは臭います。

何のためのクリーンルームか!?って事で、この夏の使用は見送り、来年使えるように、片付けないで風が通る所に止めておきましょう!
ベッドガードも何か工夫が必要です。
布団だけの問題なら、もう1枚布団を重ねたら良いでしょう!
高さも考えましょう!

空気の質は同じでも、動かすと呼吸が楽です。
それも、そよそよと!が私の好みです。

間もなく本格的な農薬散布が始まります。
昨年同様、多少農薬空気が入っても、窓用エアコンを使って室温を下げ、シックシェルターテントで籠城しようと思います。
ご飯も炊いて冷凍備蓄しなくては!

もちろん、体力があれば、山とか・・・この際あちこち出かけてみようと思います。

※掃除機は、2年あまり経って手袋無しで使えるように!
窓用エアコンは、何年かかったかな?
除湿機も1年?2年使って、なんとか・・・使えるけど、喉が痛くなります。
直ぐに使える物って、滅多に無いから、衣服も来シーズンに向けて購入します。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-06-29 14:54 | 必需品  

水が飲めなくなるって!

水が飲めなくなるって!
映画「いのちの林檎」の早苗さんの場合・・・

「Facebookいのちの林檎」より転載

母道子さんによると、2,3週間前から早苗さんは、水を飲むたびに何か喉にひっかかると訴えていたという。そして、突然、家の中のもの、鍋からフライパンから、お茶碗からコップまで、拒絶反応が起きた。近くにあるだけで呼吸が困難になり、それらのもの全部捨て台所を空っぽにした。
しかし水道水が蛇口からポトリと落ちて、ギャーという悲鳴がでた。小さなグラスに注いだ水も、近づけるだけで、身体がのけぞった。
何かが動くたびに悲鳴がでるので、布団をかぶって苦しんでいた。
水が飲めなくなり一日経ち、二日経ち、三日経ち、母道子さん、父信夫さん、弟、家族三人の中で、このまま絶命するのではないかという重苦しい空気が流れた。母道子さんは、北里大学の専門医に電話し、「一滴も水が飲めないのでどうしたらいいでしょうか」と尋ねた
専門医の答えは、「浄水器を換えなさい」の一言だった。
性能のいいハーレー2を使っていたが、他の浄水器も試した。
だが駄目だった。

転載終わり

私も、水道水への反応が強かった頃、家族が蛇口をひねる度に動悸が激しく息苦しく目も痛く・・・水洗トイレは最悪でした。
水道水を飲むなんてとんでもない!
でも、ハーレー2の浄水器が使えて救われました。
今は、蛇口をひねられても大丈夫ですが、ちょっとドキッとします。

さまざまなCSさんの話を聞き、伝えていかなくては!と思っています。
そして、危機的な状況をうまく切り抜けたら、ずっとその症状が続くのではなく、回復できると私は思っています。
苦しい症状は足し算ばかりではない!
足し算だけ!と思ったら生きていくのが苦しくなる。引き算できる道を探そう!

いのちの林檎公式サイト
http://www.inochinoringo.com
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-06-29 03:23 | 体感・日記  

箸より少し重い物

ぎっくり背中(背中の筋違い)により、うつ向くことも寝返りにも支障があり、重たい物どころか、お箸も重かったです。

何をしようとしても、イテテと顔が歪みましたが、頑張って鍼治療に行って良かったです。
直ぐに回復ではなかったけど、かなり強ばりがとれて、翌朝には重い物を持ったり、手に力を入れなければOK。

今日は、バッグとかちょっとした物を持てるようになりました。
もう痛くないのに、何かの拍子に痛むのではないかと、おっかなびっくりの生活です。

今日は、通常の鍼の治療日。
あんなに痛いのはこりごりだから、何に気をつけたら良いのかな?いつものように運転してただけなのに!とぼやいてたら、
なるときはなる!くしゃみでもなる!と、あっさり言われてしまいました。

写真は、収穫したきゅうりと茄子。
1人暮らしには、ぼっちりの量です。
しかし、毎年ウリハムシによって円形にくり抜かれてボロボロになるのに・・・?
昨日、1匹見かけたけど、どうしたのかな?
日照不足で、ちょっと心配です。
d0001177_1619448.jpg

[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-06-28 15:55 | 体感・日記  

除草剤散布

今日、電車の軌道付近で除草剤を散布していました。
ちょっと道幅が広がってる所に車を停めて撮影。
もちろん窓は閉めたまま。

作業されてる方は、マスクもしていません。
水撒きしてる感じです。
撒いた直後は、草も緑のままなので気がつきません。
独特の薬臭い除草剤もありますが、全く匂わないものも多いです。
以前、除草剤散布により微熱が出て、だるくて風邪のような症状が出たことがあります。
d0001177_20114469.jpg


下の写真は、昨日撮影したJRの線路脇の草。
除草剤散布から数日経っていると思います。
普通に枯れた草は、もっと明るい茶色なのに、除草剤によって枯らされた草は焦げ茶色・・・私の見た感じですが。

線路は長く、散布量も多いです。
避難場所を探す時は、線路の近くはお勧めできません。
除草剤だけでなく、枕木に薬剤を塗られます。
d0001177_2022412.jpg

この他、今日の病院受診の帰りに休憩のため寄った喫茶店。
車から降りたとたん薬品臭(除草剤)があり、とっさに息を止めてお店に飛び込みました。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-06-27 20:07 | 農薬  

CS外来受診

化学物質過敏症(CS)外来受診日でした。
体調記録を手渡し報告をしてきました。

10月に障害年金の更新をするための予約をし、血液検査も今回はやめて次回に受けることにしました。
8月あたりは予約がだいぶ入っているようです。患者さんが具合が悪くなっても、1~2ヵ月待たされるって辛いでしょうね。

外来に来られてる患者さんの多くが、5月25日の講演会に参加されたよう・・・、ポスターも効果的だったし、良い影響を与える事ができましたね!と、講演会がらみのお話もしてきました。

診察の後、待ち合いに居たゆるゆるメンバーと少し話をしてたら、遠くで会釈をされる活性炭マスクの方が・・・たぶん、講演会でお会いした方と思いますが、直接お話することなく姿が見えなくなりました。

病院は長居すればするほど体調が悪くなりますが、出会ったCSさんに引き留められる事も多々あります。
でも、今日は早めに退散できました。

また、今日はマンドリンサークルの練習日でもありますが、背中痛(ぎっくり背中)
も完治していないのでお休みする事にしました。
私が行かないと、パートが足りなくて困るよね!困らないかな?

写真は、ゴーヤーで頑張る蛙さん。
1cmほどのミニサイズ。今日、数えたら4匹居ました。
それぞれ顔が微妙に違います。
d0001177_202645.jpg

[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-06-27 19:24 | 体感・日記  

医師に伝える事

ご心配おかけしています「ぎっくり背中」は、かなり楽になっています。
のたうち回ったのか?布団はぐちゃぐちゃでビックリです。

昨夜、はたと思い出しました。
翌日(今日)は、CS外来の受診日。
これは大変!あわててブログと手書き体調記録を読み返し、A4で2枚の体調記録を書きました。

前回受診の4月から昨日の背中痛まで。
曝露その他の事件簿と、今の体調。
書き出したら・・・いっぱいありました。
パソコン入力は、思い付くまま書いても、時系列に合わせて編集できるので助かります。

化学物質過敏症の症状は個人差があるので、医師に私の症状を知ってもらう必要があります。
全て報告して、西洋医学から見て軌道修正すべきところが無いか?伺ってきます。

病気は、自分で治すもの!
医師が治したり、薬で治すものではありません。
西洋医学も鍼治療も接骨治療も、私の回復への手助けをしてもらいますが、治すのは私自身です。

医師や施術者に、私の身体の情報を届けずに、良いアドバイスを受けられるハズがありません。
鍼治療の話も、医師の処方ではないサプリメントの話もオープンに伝えます。
私が新たにもらったCS情報や見つけた本などもその都度紹介しています。

私を研究することが、化学物質過敏症の解明の1歩に繋がるかもしれません。
たくさんの症例から何か見えてくるかもしれません。
患者さんにとって、病院はとても過酷な環境です。
行ったって治るわけじゃない!と言われる方も居ますが、私は症状を伝えに通いたいと思います。

曝露事件簿=日時、症状、原因物質(分からない事もある)やその時の状況、回復への時間など
体調=体温変動、血圧変動、睡眠、食欲や食事内容、サプリメントの量、排尿排便、思考や心や気分などの状態、運動量、その他

今回、手書きの記録が2週間近く白紙となっていました。(記録が必要な体調を崩した時期なのに)
その間、ブログを拾い読みして思い出して書きました。

医師に提出した体調記録のファイルのコピーは、私にとっても長い目で自分を振り返る、生活を見直す大切な資料となっています。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-06-27 06:45 | 体感・日記  

ぎっくり背中

突然の背中痛。
しばらく横たわり、痛みも減ったと思いきや!
起き上がるにも痛くて難儀な身体。
ずっと動かずに過ごす訳にもいかず。
肘から先が動かせるようになったので、自力運転で鍼の治療に行きました。(明日は休みだし・・・)
ほとんど曲がらずに走れる道で助かります。

私の身体は渇水時期のダム状態。
蓄えも無く、ダムの放流量も控えてギリギリの状態なのに、いつものように活動したら身体に支障が出て当たり前。
ぎっくり腰ではなく、ぎっくり背中と言われました。
骨の異常とかでなく、こむら返りのような筋がつった状態だそうです。

講演会でのストレス、農薬散布のストレス、心のストレス・・・思い当たる事だらけ。
更にペースダウンして、安静ではなく、60~70%の活動量に!と言われても・・・。
1~2時間動いては3~4時間横たわり、1日の半分以上布団で過ごしているのに、これ以上ダウンさせて生活が成り立たないように思いますが、やってみましょう!
痛い間は動けないし!

痛み始めた時の事しか考えられず、曝露しか頭になかった農薬恐怖症の私。
鍼治療を受けて良かったです。

写真は、ゴーヤーネットで頑張るミニ蛙のアップ
d0001177_16175041.jpg


[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-06-26 15:45 | CS事件簿