台風前の稲刈り・高血圧症

9月中頃から稲刈りが始まっています。
農薬散布時よりはマシでも、農薬に汚染された稲藁の粉塵が舞って、喉や肺がヒリヒリします。

大型台風がこちらに向かっているようで、猛烈な勢いで農家さん達は稲刈りを急いでいます。

稲刈りが終わったら、体調も安定するのではないかとワクワクです。

しかし・・・
私には、もう一つの課題がありました。
暖かい間はすっかり忘れていますが二次性高血圧症という持病です。
これも化学物質過敏症(CS)による身体のコントロール機能の誤作動だと思います。
数日前から朝の血圧が高くなって要注意です。
私の高血圧は、暖かくして安静にしたら、すぐに下がってくれます。
しかし、血圧が不安定な時は、上がり易いが下がり易い・・・下がり過ぎる事もあり、なかなかコントロールが難しいです。

まだまだ日中は30度近くあり、暑いと体温も37度を越えて、怠くて動けません。
涼しい朝は、血圧が高く動けません。

やっと防毒マスク無しで過ごせるようになったのに・・・気温過敏で困ります。
身体がコントロールしてくれないから、衣類の調節や動きの制限で補うしかありません。
気温差が激しい時期は要注意。
季節の変化に身体が慣れてくれますように!

by huu-ku-mon-mon | 2012-09-29 04:49 | 体感・日記  

<< 講演会と法事 眠れたぁ〜! >>