回復への道

昨年よりは回復していたい!
そんな願いを強く持ち、何か出来る事が無いのか?毎日努力し工夫しながら暮らしています。

夏が来る度体重が減って行き、今年こそ!と体調管理に努めましたが、最低ラインに到達。
記録を塗り替えていないから、善しとしましょう!

年間5〜6ヶ所のマンドリンクラブを渡り歩き、演奏会に参加してきた私は、ご無沙汰の仲間とも会いたいし、せめて演奏を聴きたいという希望が強く、昨年は県外の1ヶ所に自力運転で出かけ、リハーサルを聴くという目標を達成する事ができました。

回復していたら、今年も行けるハズ!目標があれば頑張れる!と一年間楽しみにしていたコンサートが今始まろうとしています。

いくら願っていても、現実は厳しくて・・・。
同じ時間に私も家でマンドリンを弾きましょう!

化学物質過敏症(CS)を発症して7年半が経ちました。
病気については解明されていないけど、可能な限り情報を集め、自分研究をしてきたのに、回復への道はなかなか厳しです。

治らない病だとは思っていないし、回復された方もいらっしゃいます。

ただ、私の場合は、CSという病名すら存在しなかった12才の頃から兆しがあり、40年もの時間をかけてジワジワ進行させてきた経緯もあるので、7年半ではまだ時間が足りないのかもしれません。

それでも来年こそ!
コンサートに出かけるゾ!
(観客がいないリハーサルで充分です)

by huu-ku-mon-mon | 2012-10-27 18:24 | 体感・日記  

<< ホトトギス・共同生活 寒暖の差が激しくて >>