帽子は必需品

d0001177_192344.jpg

昨日、用があって国立高知病院に出かけた時、友達に教えてもらった「ケア帽子・・QOL総合研究所」を買ってきました。
抗がん剤治療による脱毛シーンで使うために開発された商品のようです。
綿100%で、色は12色もあります。
フィット感も良くて、蒸れないので暖かくなっても使えそうです。

私は、髪の毛はあるのですけど・・・
<臭い汚染から髪の毛を守る>
柔軟剤など様々な臭いは、すれ違っただけでも、髪の毛は臭いを吸着してしまいます。
臭いが付いたまま過ごすと、体調は時間と共にどんどん悪化してしまいます。
空気環境が良くなった時点で、上に着ている衣服や帽子を脱げば、曝露時間を減らすことができます。
外出時はどんな臭いと遭遇するか分からないので、必ず帽子を被ります。
真夏の室内での帽子は蒸れやすいので、バンダナも利用します。(歯科治療時は、絶対必要です)

<防寒>
寒い時期は、身体を保温するために帽子を被ります。
室内でも、眠る時も帽子を被っていると、とても暖かく過ごせます。
今回のケア帽子は、眠る時にも良さそうです。
お気に入りの絹のターバン?がのびてしまって、新しい帽子を探していました。
フリースの帽子(数年前購入の臭くない物)も被れるのですが、静電気がすごくなってきて、綿の帽子を探していました。
いろいろなお店に出かけることが出来ないので、見つけるのは難しいです。

<日差し、熱射のカット>
以前、腕の内側に真っ赤な発疹がたくさん出て、受診しても医師は頭をひねるばかりでした。
何年も経って、それが日光の仕業だったと分かりました。
夏も外では長袖で、つばの広い帽子が必要です。
眼も光のダメージを受けやすいので、長距離運転をする私は、冬でもサングラスと共に日除けの帽子を被っています。

<おまけ>
もう、5年以上美容院に出かけていません。1年以上自分で髪を切っています。
ボサボサ頭も帽子でカバーです。
もちろん髪も染めていないので、白髪頭です。
普段は、良いのですが〜マンドリンの舞台の上では、白い頭がとっても目立ちます。
音楽ではなく、私の髪の毛に目が釘づけっていうのも・・・。
黒いオーガンジーの帽子?で、ちょっぴり白髪をカバーしています。

ケア帽子、今回はピンクにしましたが、次は違う色もゲットしたいです。
ネットやコープのカタログでは、色が限られてるので、色が選べるだけでも嬉しいです。

※国立高知病院の売店に、活性炭マスク「キーメイト」が置いてあります。
Dr.にお願いして、在庫してもらいました。1枚からお試し使用もできます。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-01-11 19:21 | 体感・日記  

<< 優先順位を考える 冷え冷え〜体温も! >>