対応は予防

d0001177_10412783.jpg

化学物質過敏症(CS)支援センターより、頼んであった冊子が届きました。

化学物質過敏症
「対応は予防」原因は生活環境に

<目次>

はじめに

化学物質過敏症 対応の基本
1.身体に取り込む化学物質過敏症の総量を減らすために
2.これまでに取り込んだ化学物質の排出を促進し、栄養を摂る

歯と口内の健康について

会報連載「栄養と医学」シリーズより
化学物質を解毒し、免疫力を高めるために

CSチェックシート


コンパクトにまとめられ、内容は深いところまで書かれた冊子です。

「化学物質過敏症を発症しない為にはどうしたら良いの?」という質問
が、多々寄せられます。
私も化学物質過敏症患者の対応をしたら一番良いと思っています。
ハードルは高いかもしれませんが、できるところから、できるだけ試みていただきたいと思います。
私も、最初から今の暮らしになったのではありません。
少しづつ・・・です。
きっと、他の病気や体調不良の改善の参考になると思います。

今回の講演会の講師にお迎えしている宮田幹夫医師の監修です。

化学物質過敏症支援センター
http://www.cssc.jp
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-04-14 10:39 | お知らせ・つぶやき  

<< 講演会チラシ配布ボランティア募集! PCは疲れるPCは早い >>