空気の悪化は?

一昨日から喉ごしの悪い空気になりました。
まるで首を絞められているようで、息を吸いたくて深呼吸をしようとしても、肺が広がらない感じです。
若干喉が痛くて、肺の後ろ側が痛いです。

寝室に居ると症状が減る(無くなる訳ではない)ので、空気清浄機は使っていません。

一昨日の昼前に、すぐ南側の小さな田んぼが「しろかき」をしました。
除草剤などを使う田んぼなので、怪しい化学物質が舞い上がったのか、新しく投入されたのかもしれません。
それとも、中国からの大気汚染物質がやって来たのか?
はたまた、オキシダントか?

今日は、午後から友達が山の方に出かけたい!って運転手を頼まれ、ちょっとは空気が良いかも!と思い出かけてみました。
なだらかな斜面の休耕田だった所を、自分好みに開拓された広々とした素敵なフィールドに、のーんびりした空気が流れていました。
まあまあの空気だけど、ちょっと変。
でも、家の近くよりずっとマシ!
結局、いろんな物の複合汚染でしょう!?


そして、もう1つ。
自律神経失調症状の中の、動悸と手の震えが昨日から・・・。
これは、散らかってる書類の整理をして、要らない物を捨てる作業(印刷物や紙の曝露)をしたのと、パソコン作業、寒暖の差による血圧変動もあるかな!
紙をめくることが難しく、文字を読むのが辛いです。
この動悸と手の震えは、山の友達の友達の家では症状が減って楽になりました。

どちらの症状も家に戻ると復活してしまい、私の生活は空気次第!って改めて感じました。
まあ、ボチボチやるしかありません。
もう、当分大好きな冬の空気にはなりませんから。
d0001177_20274667.jpg

[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-04-15 13:51 | 体感・日記  

<< 歯科受診の延期・講演会チラシ 講演会チラシ配布ボランティア募集! >>