音情報=テレビもラジオも音楽も

時間の感覚がつかめないので、ずっと以前はラジオ、ここ数年はワンセグテレビの音を流していたのに・・・
最近は、ほとんどテレビもつけていません。

ニュースと天気予報位は見なくては!とつけても、ちらっと見て消してしまいます。
マンドリン関係のCDもたくさん持ってるのに、ほとんど聴くことがありません。
五感の中の聴覚情報を、セーブしているのかもしれません。

聴くことに集中出来ない。
聴こうとすると疲れる。
音があると思考が出来ない。
音に集中したら他の事が出来ない。

脳の処理能力にゆとりが無いので、自分で減らせる情報量を減らしているのかもしれません。

テレビは、人の声にバックミュージックなどが重なります。
映像にも文字が加わり、その文字も出ては消えテロップとなって移動します。
民放は、突然に刺激的なコマーシャルに切り替わり・・・頭の中は右往左往・・・混乱します。
それらに付いていけないから、疲れを感じて消したくなるのかもしれません。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2013-05-02 06:32 | 体感・日記  

<< パネル打ち合わせ、小爆睡 5月1日AM10時頃から突然! >>