人気ブログランキング |

糖尿病ではないけど、血糖対策

血液検査の結果は、血糖値もヘモグロビンA1cも正常値内。甲状腺の異常も無い。
糖尿病ではないと言われました。
でも、症状はあるので、一件落着ではありません。

<低血糖の対策>
私の症状(不快感・大汗・顔面蒼白・めまい・強い脱力感・動悸・手の震え・・・)は、低血糖の症状のようです。

低血糖症状がいっぱい揃う前のちょっとした不快感・・・予感がした段階で、飴を口に入れたり、ちょっと糖分を補給する事で、症状は軽く済んでいます。

私が低血糖症状になってる時に、実際に血糖値が低いかどうか?は別にして、私の身体は血液中の糖分が足りない!糖分が欲しい!と訴えて症状で示しているのだと思います。

Dr.は、糖尿病ではない!とおっしゃるので、カロリーは気にせず甘い物の補給をしながら様子をみようと思います。

<高血糖の対策>
逆に血糖値が上がって起こると思われる、食後の疲れや睡魔については、食事の工夫で改善できないか!?試し始めたところです。

(1)よく噛んでゆっくり時間をかけて食べる事。
(2)野菜類を先に食べて、炭水化物を後で食べる事。
(3)糖類のみを食べる時は、一度にたくさん食べない事。
(これ以上痩せたくないので、食事量が減らないように注意したいです。)

まだ2日ですけど、食後の眠気がそれほど強くならずに済んでいます。
食事と体調に注意をしながら暮らしてみると、食後30分くらいで何かしら軽い動悸がしたり、めまい程ではなくてもふわふわした感じになると気付きました。
クッキー2枚でも、少し経ってふわふわ感がありました。

欲求のままに、友達といっしょにどんどんお菓子を食べてしまうと、後で苦しくなるのかもしれません。
これまでは、結びつけて考えてこなかった事が見えてきたように思います。
血糖敏感症!?不思議な身体です。

糖尿病ではないようですが、糖尿病の対応を応用して、私バージョンの対応を考えていこうと思います。

また、機能性低血糖とか・・・別のタイプのものもあるようで、まだまだ?がいっぱいです。

農薬散布が終わって、身体へのストレスが減ったら、不快症状も消えてくれないかなぁ!?

by huu-ku-mon-mon | 2013-08-29 09:58 | 体感・日記  

<< 演奏依頼 異常なしだから化学物質過敏症 >>