危なかった!除草剤

お隣が空き家。
家主さん達はジャングル状態の木を伐り、草を綺麗に刈り取ってあったけれど・・・
時々近所の人が通路の草を刈っても、ジャングルに戻っていました。

半年ぶりに家主さんが来られたようなので、ご挨拶を使用と思ったら、背負い式のタンクに薬剤を投入中。

ひょっと除草剤でしょうか?とたずねると、草にかけようと思う!との事。

私は、薬に弱いので・・・
もし、良かったら業者に頼んで、通路だけ刈らせてもらえないだろうか!?と交渉。
私が家の出入りに絶対通る所です。

お隣の家主さんは・・・そう言えば、最初にもらった名刺に、そのような事が書いてあったのに、忘れてて申し訳ないと・・・後日、出直して草刈り機で刈ってもらえる事になりました。
ありがとうございます。感謝です。

あ~留守してなくて良かった!
撒く前に気がついて良かった!

◇◇◇◇◇

ちょうどその時、夫が土間の浸水防止に、溝を掘ろうと来ていて・・・
外に居たから気がつきました。
家の裏の作業に掛かっていたら、気が付かなかった。
いろんな偶然のおかげです。

土間の浸水防止は・・・溝を掘っても、そこからの排水が難しく、土嚢を積むしかないという事になりました。
夫にも感謝です。

◇◇◇◇◇

私は、お隣の除草剤が無くても、空気清浄機のない部屋は、息苦しくて・・・
土間に敷いた新聞紙を取り替えたり、中の物を外に運んだり、少し動いては横になるぐうたら生活です。

今日か、明日。
家の家主さんが業者さんに頼んで、裏山の草刈りをしてくれるそうです。

by huu-ku-mon-mon | 2014-08-11 10:57 | 農薬  

<< 土嚢積み・業者の草刈り 明るいお月さま(スーパームーン) >>