人気ブログランキング |

和紙ギャラリー(8/17民宿にて)

先日宿泊した民宿は、和紙工房。
お部屋自体がギャラリーのよう♪
灯りも魅力的で、灯した時と消した時の趣の違いも楽しくて・・・
d0001177_4185731.jpg

また、壁紙も当然和紙なので、見る角度によって違う表情。写真には、微妙な雰囲気が写ってくれてません。
d0001177_4211382.jpg

私の部屋にも和紙を貼りたい気持ちがふつふつと・・・
全面は無理でも、和紙を飾りたくなりました。

和紙職人のロギールさんご自身に、ギャラリーで和紙のお話も伺いました。
私は、昨年に続いて2回目ですけど、また新たにドキドキするほどの作品(和紙)達。

こんにゃく芋を使って、水にも強くなる。
柿渋で、ものすごく丈夫な紙になる。
布として使って使って・・・ボロボロになって、お役目を終わった布も、和紙として再生できる。

昔は、布も手に入らず、紙を漉いて着ていたし、薄い布団しか無い寒い冬は、紙で覆って防寒したとか・・・
今ならアルミの防寒シート的な感じでしょうか。

こうぞ、みつまた、トロロアオイ・・・原材料の栽培から手がける、化学物質無添加の和紙を漉かれるロギールさん。

それでも、昨年訪れた時の私は、ビクビクでした。
臭い=体調悪化・・・の方程式がこびりついていて、未体験の臭いは怖かったです。

今年は、よりゆったりとした気分で、和紙に触れる事ができて幸せでした。

次回は、ぜひ紙漉き体験をさせていただこう!と思います。

和紙を手元に置きたくて、ちょこっと買ってきました。
柿渋のコースターは、とっても丈夫だそうです♪
d0001177_3591678.jpg

by huu-ku-mon-mon | 2014-08-21 03:37 | 体感・日記  

<< 和紙と母とこんにゃく糊 大豆の救出!(上畑) >>