何となく辛い空気(PM2.5?)

農薬汚染もゼロではないし、PM2.5も上下動が激しい妙な数値。
d0001177_22433220.jpg

遠くの山は、かなり霞んでるから多いのでしょう!

何となく息がし辛い空気です。
眼が少し変で、喉や肺に違和感はあるけれど、吸い込む時に喉が絞まって吸い辛い感じではあるけれど、少し前までの農薬空気と比べたら、ずっと楽な空気です。

でも、予防しなくては!と、活性炭マスクにPM2.5対応のマスクを重ねると、更に呼吸が辛く酸欠のような感じがして、外してしまいました。

呼吸を止める訳には・・・なので、仕方ありません。
自覚症状が少ないので、マスク無しで少し庭の草取りをしてしまいました。

部屋に入っても何となく辛いので、今夜はシックシェルターテントも閉じて、クリーンな空気で寝ようと思います。
既にテントに居ると、深呼吸も出来ています。

農薬が終わったらPM2.5。
2013年1月から感じ始め、12~3月あたりのPM2.5が特に辛いです。
発熱したり、とても怠くて思考できなくなる時もあります。

気象庁の「そらまめ」に発表される数値だけでは推測は難しく、私の身体が反応する物質かどうかで症状にも差が出てきます。
記録しながら、付き合い方を考えなくては!
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2014-10-03 22:40 | 体感・日記  

<< イチゴの救出、鶴首カボチャ 引戸の修繕・振動音 >>