喫茶店でCSさんと交流

午後から喫茶店で化学物質過敏症(CS)さんと会いました。
久しぶり!
情報交換しながら、患者会の事や最近気になる事など、とりとめもなくたっぷりお話できました。

山のようにあるCSの課題を語り合いながら・・・途方に暮れそうになります。
どれもこれも解決に至る道のりは険しくて。
遠くを目指しつつ、足元にある小さな事からコツコツやるしかありません。
たとえ私が出来なくても、1つでも石を積んでおきたいと、改めて思いました。

とりとめもない話ではあるけれど、話す事によって自分の気持ちが確認できたように思います。
長い時間、お付き合いいただきありがとうございました。

<喫茶店の環境>
今回の喫茶店は、喫煙席と空気環境がきちんと分けられている分煙のお店でした。
時々自動ドアが開くのと、ガラス越しに喫煙されている方が見えるので、ちょっと落ち着かないのですけど、私は煙草臭は感じませんでした。

私はコーヒー(たぶんオーガニックではない)のみで居させてもらってます。
軽食もあるのですが、食べたことはありません。

ただ、広めで天井も高い店内ですが、空調が効いているようで、人が多い割に香料臭を強く感じることなく過ごせます。
もちろん、席にも注意するのですけど。

理想はオーガニックなお店ですが・・・

店内では感じなかった香料臭。
自分の車に戻ると、自分がまるごと汚染されていて臭かったです。
そりゃそうでしょう!
座っていた椅子も、私が座る前に香料臭の衣服を身に付けた方が座っていたハズです。
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2014-10-18 19:20 | 患者会・CS交流  

<< 小さな身体の声 オーガニックマーケット収穫祭 >>