衣類の置場所を変更

異様に耐えられないほど散らかった部屋。
毎日の怠惰な暮らしの積み重ね。

原因の1つが、衣類の置場所にある!と気付いたのは、夏の農薬シーズン中。
ここに来て、やっと行動に移しました。

寝室の南側の3畳の部屋に、衣類を置く事にしました。
農薬シーズンや冬の寒い時期でも、寝室から土間(出入口)に行く時、必ず通過する部屋です。
以前は、化学物質過敏症(CS)仲間のままさんが寝てた部屋ですけど、もうやって来ないみたいですし。

これまでの衣類置場は、寝室の北の押し入れと、寝室の東の寒い部屋。

農薬シーズンも冬も、寝室はしっかり封印して出たくない!
出入りの度に汚染空気が入り、冷気が入るのです。
ついつい置きたくないのに、衣類は寝室に山積みとなりました。

南側の3畳間の方が、ずっと暖かで衣類を選ぶにも楽です。
ここに運べば、北の押し入れも封印出来て、寝室も少し暖かく保てるかもしれません。

◇◇◇◇◇

私は、タンスを使いません。
あえて違う箱を並べて写しました。
d0001177_11213925.jpg
全て干して私の身体がOKになったもの

プラスチックの箱(コープ自然派で臭いが楽だった)
藤の籠(長く使用したのを譲ってくれた)
段ボール箱
段ボール箱に干したポリ袋を敷いた箱
不織布の箱
d0001177_1128568.jpg

ハンガーに掛けられる物は、ちょっと高いけど、こちらに持って来る予定です。
五十肩が良くなったから大丈夫そうです。

◇◇◇◇◇

以前は、部屋に衣類があるだけで苦しかったです。
段ボール箱の上に、それぞれバスタオルをかけていた時もありました。

だから、寝室には置けないし、なるべく遠くに置きたかったです。

CS娘は、干したプラスチックの衣装ケース(引き出し式)が使えるのですが、私にはとても無理。
同じCSでも、別室が必要です!
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2014-11-05 11:08 | 体感・日記  

<< 血圧暴走!私の降圧方法 小松菜と大根の相性は? >>