ちょっとヤバイ!(炭焼き)

白い煙りで、風上で~大丈夫な感じでした。
気分転換もしたいし、友人宅でマンドリン合奏の打ち合わせと練習。
3時間後に帰宅したら空気はすっかり変わって焦げ臭い!

マスクをしてさっと部屋に入ると空気清浄機が一人頑張ってて…
大急ぎで夕食を済ませ、マイシェルターのバージョンアップに取り掛かる。

空気をチェック。
寝室>荷物部屋>台所
台所が一番煙り臭いので、寝室と台所の間にもポリ袋を貼付ける
買ってきたマスキングテープで…

不完全だった寝室と荷物部屋の間もすき間無く貼付ける。
あっ!トイレに行けない!
その時は、また~貼れば良いか。

マスクをしてても眼がチカチカしてくる。
肩や背中の筋肉が緊張し始め、ちょっとヤバイ感じ。

気ばかり焦って、涙が出そうだったけれど、出来上がったシェルターで一休み。
鼻が慣れたのか、臭いは気にならなくなってきたけど、活性炭マスクマスクは外さずに居ましょう!空気清浄機もガオガオから少し落ち着いてきました。

まだ、ここの方が私には安全かもしれない。
山荘避難出来る体力は、もう無いし…山荘は、あまりにも寒過ぎです。
これ位の曝露なら、身体さえ温めたら何とかなりそうです。外にあるお風呂には入れ無いから、糠袋で♪

外出したらか、煙りの違いに気が付いたのかもしれません。
まだまだ炭焼きは続きます。
家主さんは大丈夫?って声をかけてくれたけど、終わってみないと…?
家主さんとの関係を崩さない為にも、倒れる訳にはいきません!
倒れる前に逃げるベキです。
どこで判断するか…!?
[PR]

by huu-ku-mon-mon | 2009-01-11 21:21  

<< 許容範囲の曝露 風向き良好(炭焼き) >>