人気ブログランキング |

2012年 12月 27日 ( 2 )

 

お餅つき

d0001177_2162920.jpg

お友達の作業場で、私専用(?)のお餅をついてもらいました。

化学物質過敏症仲間で農家さん作のもち米を一晩水に浸け、作業場で蒸して、餅つき機で・・・。
とっても粘りのあるお米で、機械から飛び出しそうに元気でした。
このパワーは、何処から出てくるのでしょう?
元気なもち米、ありがとう!

丸める前に味見をしたら、甘い!旨い!
白いお餅って、何か付けて食べたくなるのに・・・そのまんまで、いくらでも食べたい味でした。
除草剤も無しの無農薬米で肥料もあまり入れないとの事。
素晴らしいお米です。

お正月には、「水回りの神様にお供えしたら良いよ!」って言われて、ミニ鏡餅も作りました。
丸めて押さえても、膨らんできて〜雪だるまみたいになって、何度も押さえ直しました。

持ってきた「あんこ」を入れて丸めてたら、男性の来客があり、1コプレゼントしたら〜「旨い!もう1コもらえんろうか!?」って・・・さしあげました。

打ち粉が無かったので、友達が作る山椒餅用の炒った玄米粉をまぶしたら、ほんのり香ばしくて、ちょっときな粉っぽくなりました。

残り半分は、のし餅にして・・・美味しいお餅、大切にいただきたいと思います。
もちろん、お餅作りをしてくれたお友達にもおすそ分け!

私専用のお餅が出来るなんて、思ってもみなかった。嬉しかったです。お友達に感謝です。

by huu-ku-mon-mon | 2012-12-27 21:06 | 体感・日記  

シックハウス関連の新聞記事です

12/26中日新聞記事
根絶できぬシックハウス 厚労省が規制強化検討 
http://house.chunichi.co.jp/estate/detail.php?id=2987&ts=1356514256
元記事は、とても長いものですがぜひ読んでいただきたいです。

数年前に岩手県の小学校の改装工事により、何人もの子ども達が化学物質過敏症発症した時、指針値はクリアできていました。
指針値を守っていても発症することを、子ども達の人体実験で実状を示してくれたように私は思いました。
その小学校では総VOCの値がとても高かったので、総VOCを減らす対策をしたようです。
規制しても代わりに新しい化学物質が使われるので、規制は追いつかずイタチごっことなり、被害者は訴えても行政や業者からは、「指針値を守った」と言われ救済されない事例が多いように思います。

専門知識の無い患者としては、最低限指針値を守り総VOCを減らす事を訴えているのですが、これだけでは不十分だということです。
私自身の化学物質過敏症の発症のきっかけは、ごくわずかなシンナー臭でした。

by huu-ku-mon-mon | 2012-12-27 09:13 | お知らせ・つぶやき