人気ブログランキング |

<   2010年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

この寒い日に…虫刺され

残ってた里芋を掘り上げ、畑作業をしていたら…
何やら眼が痛痒くなり、鏡を見たら〜目尻がプックリ腫れています。
あ〜また!
ポイズンリムーバーで、目のデリケートなところなので、加減しながら吸い出したら、ちょっぴり液も出せました。
その後は、保冷剤で冷やし…

あ〜あ。何回目かな?
でも、この寒い時に保冷剤は冷たい事!

ポイズンがうまく使えなかった時よりはマシなんですけど、今朝は下まぶたが腫れて視界不良。
治療に向かう運転は、ままさんにお願いしました。

腫れ上がる場所は、目の周りか、足首付近に限られているので、皮膚が薄い所を狙って来る、小さな虫でしょうね。
先日買った自然農の本にも「人にもよるが、人相が変わる程腫れる事がある」と書いてありました。
暑い時はネットを被ってたに、虫さんはまだ活動中だったのね。
私の体液は、栄養に…なったかな?

今日は、時々しぐれる不安定なお天気。
近くの山はうっすら雪化粧です。

by huu-ku-mon-mon | 2010-12-09 09:51  

ユキムシかな?

d0001177_16303567.jpg

ほっこり暖かな一日。
ひなたぼっこ〜しながら外を眺めてたら、白っぽい小虫がいっぱい、ふわふわ飛び回っています。

すぐに飛んで行ってしまうので…なかなか大変でしたが、やっと1枚写せました。

綿毛を付けた虫。
北国では雪の前触れだとか、聞いたような〜

まさか、明日は雪!?なんて事…無いよね。
昨年は、12/18雪が積もったと日記にあるから、覚悟した方がいいのかな。

by huu-ku-mon-mon | 2010-12-06 16:30  

何年ぶり!?…映画

ゆるゆる仲間のパネルを設置したイベントで、子ども達の発表と映画上映がありました。

何度かマンドリン演奏で舞台に上がった事もある会場です。
1ヶ月前の楽屋は、体調が悪化しないかとマンドリン仲間も心配した程、薬品臭があり息苦しかったのですが、防毒マスクで過ごしました。

今回は客席です。薬品臭も気になりません。
最後部から客席を眺め、何処が良いのか?何処が空いているのか?考えました。

端っこが良いな!
目の前に人の頭があったら、整髪料などで苦しいから、真ん中の通路のすぐ後ろが良いな!
出来たら隣の席が空いてたら良いな!

理想の座席はあいにく無くて、次にマシな席は何処かな?と捜していたら、生徒さんの団体が10名程ごっそり退席。

ヤッター!
発表の合間に理想の通路に面した右端の席に座りました。
もし隣にどなたかが座っても片側だけで、挟まれる事が無いし、前は通路ですが、端なので誰も通りません。
(左耳が聞こえない私にとって、最高に良い席は左端なんですけど…)

席に着いてから、活性炭マスクを防毒マスクに取り替え、子ども達の発表と映画を最後まで見ました。
隣の席には、荷物を置いて〜ささやかにガードしていましたが、幸いどなたも隣に来ませんでした。

体調悪化も無く、眼痛みも無く、ちょっと疲れましたが、イベント終了後パネルの撤収も自力でできました。

お友達も来ていたので、体調が悪かったらお手伝いをお願いしようと思っていたのに…

映画を最後まで見る事が出来るなんて!何年ぶりかしら?

もちろん、帰宅したら〜衣類も頭も香料臭のお土産がくっついてきましたけど、眼の腫れも無く頭痛も無くラッキーでした。

この会場で「いのちの林檎」の上映が出来たらうれしいけど、料金は高いし、他のCSさんには辛い場所かもしれません。

by huu-ku-mon-mon | 2010-12-06 15:45  

自然農・栽培の手引き

本屋に頼んであった「自然農・栽培の手引き」がやっと手に入りました。
自然農法に取り組んでいる、若い農家さんのお家におじゃました時、教えていただいた本です。

「自然農・栽培の手引き」
鏡山悦子 著 川口由一 監修 南方新社
耕さず、肥料・農薬を用いず、草々虫達を敵とせず、生命に添い従い、応じ任せて、実りを手にする術…

まだ、よく読めていませんが、農業だけでなく、人としての生き方にも通じるような深い物を感じます。
荒れ地の開墾から、様々な事柄をイラストと共にわかりやすく書かれています。

読書箱に入れて読むのももどかしく、ついついページをめくっては、曝露症状(息苦しい、眼の痛み、動悸)が出てしまいますが、私には〜普通一般の買いたての本よりは、かなり楽な本です。

by huu-ku-mon-mon | 2010-12-05 18:42 | 家庭菜園  

収穫物の保存

カボチャ、サツマイモ、里芋、しょうが、人参…
私が、見よう見真似で作ったお野菜達。
何とか長持ちしてもらわなくては!

2週間ほど前に、台所のある土間ではなく、隣のお風呂やトイレの方の土間に貯蔵しました。

土の中やむろがあると良いのですが、段ボール箱や発泡スチロールに入れました。

〈カボチャ〉
くしゃくしゃにシワ加工した新聞紙にふんわり包み、段ボール箱に保存
〈サツマイモ〉
カボチャのように新聞紙に包み、籾殻と一緒に段ボール箱に保存
〈里芋〉
発泡スチロールの中にちょっぴり湿った土と籾殻を混ぜた中に埋め込み保存
〈人参〉
里芋と同様に保存
〈しょうが〉
カボチャと同様に保存


しょうがは、すりおろして冷凍保存したいのに、ちっとも作業出来る時間が作れずにいます。

この保存方法で良いのか!?傷んだ物が無いか?今一度出して様子を見なくては!
本を読んでいたら、サツマイモには毛布を掛けるとか…
大切な食糧ですから、この家に合った保存方法を探っているところです。

昨年は、トトロの家で〜籾殻にそのままサツマイモも里芋も保存したら、カサカサになってしまいました。

by huu-ku-mon-mon | 2010-12-05 18:06 | 家庭菜園  

ゆず風呂

昨日の突風というか暴風で、裏手に家主さんが植えてある柚子が1コ落っこちていました。

一部傷んでいたけど、皮は綺麗な状態なので、お風呂に入れました。
臭いがあるだけで、ピリピリ神経が緊張してしまうから、ちょっと心配。
でも、鼻の奥まで清々しく、身体はほっこり暖かく、美しくなれた気分です。

しょうがの葉っぱも、お風呂に入れると良いと聞き、吊して乾かしていたのに、こちらも突風で飛ばされて泥んこになり、畑の肥料に入れました。

by huu-ku-mon-mon | 2010-12-04 18:41  

ホテルのロビー

数日前の事。
ゆるゆる仲間に基金から援助いただける事になり、贈呈式と会食のご案内をいただきました。
会場はホテル。
会食は、お弁当持参しても難しい。

遠慮ではなく、体調悪化の危険があるのに理解いただけなくて…防毒マスクと携帯酸素持参で、ままさんと二人でご挨拶に伺うと伝えると、話は急に変わり、ホテルの玄関で贈呈式をしていただける事、スピーチは代読していただける事になりました。

ホテルに出かけ…
2〜3人かと思ったら、7〜8人はいらっしゃったでしょうか。
メイクをされスーツ姿の女性達。ホテルの玄関の外で、最初は遠巻きにされていたのに、一緒に記念撮影も求められ、皆さんに密着してしまいました。

防毒マスクでは声が伝わらないので活性炭マスクをしていましたが、息苦しく眼はチカチカするし、頭はもうろうとして気が遠くなりそうでした。

「いのちの林檎」の映画も計画していて、グッドタイミングの援助はとても有り難く、感謝してもしきれないのに、何故こんなダメージを受けなくてはいけないのでしょうか。

会の方々と、会食が出来たらCSのお話もたくさん出来たのに…

外で数分のセレモニーと記念撮影の後、足ももつれてよたよたと会場を後にしました。

多少の香料臭では、こんなにひどい症状は出なくなっているのに。
携帯酸素を吸っても、呼吸はなかなか元には戻らず、浅い呼吸しかできません。
ままさんとぼーっと車で休んだ後、なじみの自然食レストランで食事をしながらゆっくり休憩しました。

原因物質がわかりません。
無臭の防虫剤でしょうか?ヘアーカラー、パーマやメイクでしょうか?それともクリーニング溶剤?
密室で何時間も一緒に過ごしていたら、大変な事になっていたでしょう!

ホテルでの会食などとは、縁遠い生活をしてきたので、晴れがましい席でどのような事が起こるのか、すっかり忘れていました。

実は、来月に甥っ子の結婚披露宴があるので、いろいろ対策をして出かけようかと、さんざん迷ったあげく断念したところでした。

by huu-ku-mon-mon | 2010-12-04 17:43  

強風、突風、寒さの備え

ゆるゆる仲間の用など…様々な事が重なり、CSで回り難い頭はパンクしそうでした。
明日の人権フェスティバルに向け、化学物質過敏症のパネル3枚を作り、展示を済ませ、ちょっとほっと一息です。


それにしても、今日の風はスゴイです。
昨日からの強い雨が終わって、回復に向かうかと思ったら、猛烈な風が吹き荒れて、まるで台風のようでした。
車で走っていても車体は揺れるし、木の葉はもちろん枝が飛んで来るし、段ボール箱が道路を転がるし…

パネルを運んでたら突風が吹いて、凧のように飛んでしまいそうでした。

帰宅したら、飛ばないように石を乗せてたのに畑のトタンはひっくり返り、鉢も寝そべっていました。

明日朝からは一段と冷え込むそうで、寝室にはアルミの断熱シート(作シーズン使用の物)を敷き込み、そのままではプラスチック系の臭いがするしギラギラして落ち着かないので、キルトの薄手のマットも敷き詰めました。

もっと早く敷きたかったのですが、カーテンを掛けてしばらくは室内空気が落ち着かなかったので、敷けずにいました。
マットも今一度干して、敷く事ができました。

薄手のキルトマットは、カーテンにもなり、敷物にもなります。
洗濯機で洗えて、直ぐに乾くので重宝していますが、プリント柄が臭うので裏返して使っています。

そして、今シーズン初めて湯たんぽを入れました。

部屋数も増え、部屋も広くなったので、キルトマットもアルミシートも足りません。
買い足して風さらしをしなくては!

by huu-ku-mon-mon | 2010-12-03 21:29